2020年2月13日 (木)

石炭列車を府中本町で撮る

2月7日夕方、熊谷へ向かう石炭列車を府中本町で撮影します。南武線下りホームの川崎寄りで列車を待ちます。

まずやってきたのはEF210の貨物列車。
D50_9598_01
8571レ 2020年2月7日 15:35 府中本町駅

貨物列車の合間には、武蔵野線の205系も撮影しました。
D50_9602
2020年2月7日 15:43 府中本町駅
側扉の窓が小さい初期型、山手線に新製配置されたグループですね。

本日お目当ての石炭列車は16時過ぎにやってきました。
D50_9617_01
5783レ 2020年2月7日 16:02 府中本町駅
うれしい原色のEF65による牽引です。

さてこのあともう一本、コンテナ車の貨物が来るのでもう少し待ちます。D50_9634_01
77レ 2020年2月7日 16:11 府中本町駅
こちらも原色のEF65。今日はここまで撮影して終了です。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

3月で廃止される石炭列車

大船駅で上りのライナーを撮影したあと、根岸線と京急を乗り継ぎ八丁畷まで来ました。このあとは川崎新町駅で3月に廃止される石炭列車を撮影します。

八丁畷駅で南武支線に乗り換えようとしたら行ったばかりで次の列車は30分待ち。両駅間は営業キロで0.9キロしか離れていないので徒歩で向かいました。10時半ごろに川崎新町駅に着くと、すでに3人ほどの先客がホームの尻手寄りで待機中。間に入れなくもなさそうですが、昨今の厳しい撮り鉄事情を考慮して人のいない浜川崎寄りで撮影することにしました。

撮影対象の石炭返空列車5764レは川崎新町駅を11時ごろに通過します。待っていたら反対方向から原色でクリーム色プレートのEF65 2101号機の貨物が通過していきましたが、逆光なうえに架線柱がうるさくて見送るのみ。

5764レの通過が近づくと撮影者も増えてきました。
D50_9562_01
5764レ 2020年2月7日 11:00 川崎新町駅

このあとにやってくるタキの貨物も撮影。
D50_9575
5582レ 2020年2月7日 11:11 川崎新町駅
さらに東海道貨物線の鶴見方面から東京貨物ターミナルへ向かう列車もありましたが、通過する線路がホームの反対側になるため、こちらも見送るだけに。

そんなわけで、ここで撮れたのは2本のみ。このあと夕方には場所を変えて下りの石炭列車も撮影しますが、続きは次回に。

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

朝の東海道線ライナー列車を撮る

先日の記事で、251系使用のおはようライナー新宿乗車の様子をお伝えしましたが、今度は走行シーンの撮影をするべく、2月7日に大船駅に行ってきました。

7時46分着の横須賀線で大船に着いて、貨物線を撮れる1・2番線ホームの藤沢寄りに行ってみると先客が1名。その隣でカメラを用意すると早速215系のおはようライナー新宿が通過していきました。
D50_9487
3454M おはようライナー新宿24号 2020年2月7日 7:50 大船駅

もともとライナー列車用として1992年に登場した215系ですが、日中の快速アクティーから撤退してからは本来のライナー運用のほかは中央線の臨時快速以外で使用されることはあまりなく、走行距離は伸びていないと思いますがすでに車齢30年近くとなり、今後が気になります。

このあとのライナーは215系使用の東京行きの湘南ライナー8号ですが、1番線に入線してきた上り普通列車と被って撮影できず。1番線は副本線で本来は優等列車の退避に使用されますが、朝のラッシュ時は本線である2番線と交互に入線することにより、停車時間が長引いても後続列車が駅に入線できるようにしています。

このあとのライナーは先日乗車した251系のおはようライナー新宿26号。
D50_9498
3456M おはようライナー新宿26号 2020年2月7日 8:14 大船駅

D50_9505
3730M 湘南ライナー10号 2020年2月7日 8:31 大船駅

実は、湘南ライナーのヘッドマークを撮影するのは初めてだったりします。撮影可能時間帯に走る列車は平日の朝のみということで、撮りにくい列車でした。もっとも、10年くらい前までは土日も一部の湘南ライナーが運転されていたので、いつでも撮れるから・・・と先延ばしにしてきただけなのかもしれませんが。

 朝の最後のライナーは旅客線を走行する湘南ライナー12号。1番線への入線です。
D50_9530
3732M 湘南ライナー12号 2020年2月7日 8:43 大船駅
画面の左側には構造物があり、トリミングでカットしてありますが窮屈な画像になってしまいました。

暖冬続きの今年ですが、この日の朝は特に冷え込んで、1時間の撮影ですっかり体が冷えてしまいました。駅ナカの鎌倉そばを食べて温まったら、次の場所へ移動です。このあとは、3月改正で廃止されるもう一つの列車を撮影します。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

ヘッドマークスタンプラリー

JR東日本大宮支社では2月25日まで「ヘッドマークスタンプラリー」が開催されています。スタンプ用紙の表紙には、懐かしいヘッドマークがずらりと並んでいて、これを見ているとヘッドマーク付きの列車の写真を撮りたくて早朝から上野駅などに行ったことを思い出します。そんな子どもの頃を思い出させてくれるこのスタンプラリーに参加してきました。今回は東京メトロや西武鉄道などで実施された女児向け人気アニメ「プリキュア」シリーズのスタンプラリーでスタンプを集める楽しさを覚えた娘を連れての参加です。

今回のスタンプラリーは大宮支社の開催ということで、スタンプ設置駅は管内の日光や黒磯といった遠いエリアの駅も含まれており、1日で回りきるには計画的に移動しないと難しそうです。今日は、「休日おでかけパス」のフリーエリア内となる自治医大駅よりも南の駅を回ることにしました。

朝の準備などで10時前に出かけたためやや出遅れた感がありますが、とりあえず湘南新宿ラインで武蔵小杉から今回回るスタンプ設置駅で最北となる小金井駅まで一気に移動します。乗車時間が長いのでグリーン車を利用しましたが、快速のためか新宿を出ても乗車率が高いようでした。

小金井駅でスタンプ台紙を入手。早速一つ目のスタンプを押します。
Dsc_0728
このあと、上り列車に乗って東北線の駅の小山・古河・久喜・蓮田の順で集めていきます。そして、大宮のスタンプを押した時点で12時を回っており、ここで昼食休憩。午後はまず川越を押して、折り返し埼京線快速電車で戸田公園へ。さらにそのあと武蔵浦和まで戻って武蔵野線内のスタンプを集めます。武蔵野線は最初に北朝霞を押した後に反対方向となる吉川美南へ行きましたが、そのころはもう日も落ちてきて、武蔵野線内のスタンプを集め終わったころにはすっかり日没となりました。

電車に乗ってスタンプを集めるだけでも結構疲れるもので、このあと京浜東北線の4駅がまだ残っていますが、すでに14駅のスタンプを集めて8駅達成賞ももらえるし、外の景色も見えなくなってはつまらないだろうからもう帰ろうかとうちの子に聞いてみたらまだやりたいとのことなので、予定通り続けます。

京浜東北線に乗り換える前に、南浦和駅のニューデイズでオリジナルクリアファイルをもらい、さいたま新都心から浦和・蕨・川口と回って本日のスタンプ押印は終了。赤羽駅の駅ナカ店舗で夕食をとってから帰りました。

今日は全23駅中18駅のスタンプが集まりました。
Dsc_0757

いただいた8駅達成賞のオリジナルクリアファイル
Dsc_0730
スタンプと同じヘッドマークが並んでいます。これだけで、充分鉄分補給させていただけました。

さて、残りはあと5駅。日光線と、東北線の宇都宮以北の駅ですが、2月中に改めて行こうかと思います。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

251系使用のおはようライナーで、”エクストリーム出社”

3月のダイヤ改正で引退が決まり、注目を集めている「スーパービュー踊り子」用の251系。私も普通車の展望席を含め、何度か乗ったことがありますが、グリーン車は乗ったことがありませんでした。この機会に、スーパービュー踊り子のグリーン車で伊豆へ行くことを考えてみましたが、どうせグリーン車で伊豆に行くなら新型の「サフィール踊り子」の個室で家族旅行に行ってみたいと思い、この計画は見合わせ。代わりに、251系を使用する「おはようライナー新宿」のグリーン車に乗ってみることにしました。

「おはようライナー新宿」は快速列車の扱いなので、普通席はライナー券がいるものの、グリーン車は普通列車用グリーン券で乗ることができます。新宿までのグリーン料金は平日料金で51キロ以上1000円となりますが、普通席のライナー券は520円かかるため、実質480円でライナーのグリーン車に乗れることになります。

251系で運転されるおはようライナー新宿は小田原7時41分発の26号。これに乗るために、早朝5時起きで小田原に向かいます。南武線沿線に住んでいるので、登戸まで出て小田急で小田原へ。雨が降ってきて、車輪の空転する不自然なモーター音が聞こえたりしたものの定刻に小田原に到着。改札を出るともうすぐ7時。ちょうどオープンした小田急グループの「箱根そば」で朝食をとってからJRへ。

券売機でグリーン券を購入して上りホームに行くと先行の215系湘南ライナー8号が停車中。8号の発車後、下りホームには185系の回送がいました。
Dsc_0719
今日はデジタル一眼レフカメラは持ってこなかったので、スマートフォンでの撮影ですが、185系もしっかり記録しておきたいものですね。

さて、これから乗る26号は8号の発車後に同じホームに入線してくると思い込んでいましたが、誰も並んでいる人がいません。もしやと思って案内表示を見てみたら、下りホームからの発車でした。改めてグリーン車の乗り場に行ってみると、先に5人くらい並んでいますが私は展望席を狙っているわけではないので余裕で乗れそうです。やはり引退まで2か月ということで、通勤客に交じって乗り納めの鉄道ファンの姿が目立ちます。普通車は当日券はすでに完売とのこと。
Dsc_0724
ホームへの入線は発車の15分くらい前でしょうか。国府津方面から回送表示で入線し、幕回しを見せてくれたあと8分くらい前でドアオープン。
Dsc_0720 

 


Dsc_0721 

この日は2次車のRE-4編成でした。

小雨の降る中、7時41分に発車。小田原発車時点ではグリーン車は余裕があります。バブル全盛期に登場した車両の特徴でもある2+1配置のグリーン席でゆったりとくつろげます。ただ、車内が少し肌寒いような・・・。
Dsc_0722 
並走する東海道線の普通列車を追い越しながら貨物線を走行し、茅ケ崎と藤沢の停車で見た目9割以上の乗車率に。ただ、まだ少しの空席が見られます。引退間近の特需を考慮すると、普段はもう少し空いているんでしょうか。

藤沢を出ると次は渋谷。この間、通常の列車は通らない区間を走行しますが、ほとんどの区間はトンネル。横浜羽沢貨物駅の先は、昨年11月に開通した相鉄直通列車の経路として注目を集めた区間になります。
 

新鶴見では、これも3月の改正で廃止される石炭列車の返空列車がいました。
Dsc_0725
このあたり朝のラッシュ時ということもあり、列車密度が非常に濃く、すれ違う列車が多いのはもちろんですが、武蔵小杉の手前では成田エクスプレスと並走しました。線路はこの先で合流するので、どちらかが譲らなくてはなりません。どちらも特急車両を使用していますが、列車の格としては特急である成田エクスプレスのほうが上なので、あちらを先に通すのかと思いきや、待たせてこちらが先行します。多少ダイヤが乱れているようで、通常ではもっとスムーズに合流するのでしょう。

 西大井を通過後、湘南新宿ラインの経路で山手貨物線に入り、E235系で統一された山手線を横目にラストスパート。渋谷に止まって終点の新宿へ。到着前に2号車の暖房の効きが悪かったとのお詫びの放送がありました。やはり肌寒いのはエアコンの調子が悪かったからなんですね。一般家庭のエアコンなら、フィルターを清掃すると直ったりすることもありますが、鉄道車両の場合はどうなんでしょうか?

ともあれ、引退直前の駆け込み的ではありますが251系のグリーン車に乗ることができました。そうそう、記事のタイトルはエクストリーム出社とありますが、実はこの列車に乗っていたのでは出勤時間に間に合わないので、平日休みを使っての体験乗車でした。1時間早ければ出勤時間にも間に合いますが、そうするとさらに早起きしなくてはならず、眠くてグリーン車でくつろぐ時間もなさそうですね・・・。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

しなの鉄道の115系を撮る(3)

1月7日、しなの鉄道撮影の続きです。

坂城駅付近で湘南色や横須賀色、そしてEH200の貨物列車などを撮影して、あと残すは初代長野色のみ。この編成は午前中は北しなの線の運用に入っており、昼過ぎに小諸行きで運転されます。この小諸行きを撮影するために場所を移動します。撮影ポイントを探しながら小諸方面に向かっていましたが、ゆっくり探している時間がなく、めぼしいポイントも見つからなかったので、早朝撮影していた田中駅付近のポイントに戻って撮影することにしました。

 D50_9363
604M 2020年1月7日 13:23 大屋~田中
この編成は小諸で折り返し長野行きの発車まで約50分あるので、小諸駅でも撮影しておきました。

D50_9369

D50_9374
シングルアームが増える中、ひし形パンタグラフが残っています。

さて、今回小諸駅に立ち寄ったのは撮影だけではなく、しな鉄グッズを購入するため。今回は車で来たので、少しでもしなの鉄道でお金を使っておこうと思っていたのですが、グッズは軽井沢駅でないと売っていないようです。そんなわけで、今回は小諸駅の入場券代190円しか使いませんでしたが、鉄道会社を応援するならやはりきっぷを買って乗るのが一番。春になったら必ず再訪することを誓って、駅を後にしました。

このあと、初代長野色の長野行きを撮影して本日の撮影を終了することにします。あまり時間がないので、手っ取り早く朝に長野色を撮影したポイントに向かいました。
D50_9383
653M 2020年1月7日 14:28 小諸~滋野
ご覧の通り、雪がちらつく中での撮影でした。冬の撮影は冷えるので、遅めの昼食を国道沿いのラーメン屋で食べて温まり、さらに帰りの上信越道では佐久平PAに隣接したハイウェイオアシスの温泉で温まっていきました。

久しぶりに存分に撮影を楽しめた1日でした。ただ、コカ・コーラ編成が撮影できなかったことが心残り。春に再訪する際には、運用表を見ながらコカ・コーラ編成も撮影しておきたいものです。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

しなの鉄道の115系を撮る(2)

1月7日、しなの鉄道撮影の続き。

田中駅付近で自強号色と湘南色を撮影したあと、長野方面に向かって移動しました。次のポイントは坂城駅付近のトンネルから。トンネルを出てきた下り列車を狙います。天気予報のとおり、曇ってきたので光量は少ないですが影にならずに済みそうです。
D50_9285
635M 2020年1月7日 11:05 坂城~戸倉

この場所から反対方向にカメラを向ければ、S字カーブを行く上り列車を撮れます。次に来るのは湘南色の2両編成。
D50_9301
638M 2020年1月7日 11:14 戸倉~坂城
湘南色は2両編成と3両編成の2本が用意されていますが、この日の3両編成は北しなの線運用でした。運用の組み合わせによっては、湘南色だけの5両編成の列車が運転される可能性もありますが、なかなか狙うのは難しそうです。

このあとEH200牽引の貨物列車が来ます。坂城まで来たのは、この貨物列車を撮影するためでもあります。
時刻通り、坂城を出発した貨物列車が通過しました。
D50_9308
85レ 2020年1月7日 11:20 坂城~戸倉
牽引機はEH200-1号機。

そしてこのあと、坂城行きの貨物が入れ替わるように来ます。
D50_9322
5774レ 2020年1月7日 11:28 戸倉~坂城
牽引機は2号機。奇しくも1,2で連番となりました。もう少し後ろのタキが長ければ画になったんですが・・・。

この場所ではもう少し、横須賀色編成が折り返してくるまで撮影を続けます。しな鉄オリジナル塗装編成もしっかり記録しておきます。
D50_9327
1637M 2020年1月7日 11:42 坂城~戸倉
助手席側に「長野行」の縦書きの行先表示が見えます。

D50_9331
1640M 2020年1月7日 11:45 戸倉~坂城
こちらは上り列車。こちらには助手席の行先表示はありません。

しな鉄オリジナル塗装の上りの後続で、横須賀色3両編成がやってきました。
D50_9337
642M 2020年1月7日 12:11 戸倉~坂城
湘南色同様、横須賀色も2両と3両編成があり、今日撮影できる横須賀色は3両編成のほうでした。

1時間ちょっとの間に湘南色・横須賀色に加え貨物2本と、効率よい撮影ができました。さて、まだ撮影できていない初代長野色は、50分ほどあとに上り快速でやってきます。少し時間があるので再び場所を変えます。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

しなの鉄道の115系を撮る(1)

かつて東北線や高崎線、中央線などで活躍していた115系は、後継車両による置き換えが進み首都圏エリアから引退しています。そんな中、長野県に路線を持つしなの鉄道では所属する全車両がJR東日本から移籍した115系で、ここに行けば必ず115系に乗ることができる貴重な路線とも言えます。また、リバイバルや特別塗装の編成も豊富で各編成の運用も月ごとに公表されており、以前から撮影に行きたいと思っていました。そんな折、今年の夏から新型車両を導入するという発表があり、115系の置き換えが始まろうとしてます。撮りに行くなら今しかないと思い、1月7日に行ってきました。

早朝5時過ぎ、外に出てみたら寒い。冬だから当然ですが、沿線での撮影で寒空の下で列車を待つのもつらそう。しかも午後から天気が悪くなるそうなので、新幹線で行く予定を急遽車に変更しました。115系にも乗ってみたかったですが、春になって暖かくなったら改めて新幹線で再訪することにします。

さて、関越~上信越と高速道路を走って小諸インターチェンジで降り、下道で長野方面に向かいます。適当走らせて見つけた滋野駅付近のカーブで長野色のS15編成から撮影開始です。
D50_9229
627M 2020年1月7日 8:18 小諸~滋野
この塗装は「信州色」とも呼ばれていましたが、しなの鉄道公式ホームページでは「長野色」と呼んでいるため、当ブログにおいてもそれに倣い「長野色」と表記します。「初代長野色」についても同様とします。

この場所、上り列車の撮影にはあまり適していないので場所を移動します。他の方のブログ記事を参考に、田中~大屋間のポイントで撮影を続けます。

まずはしな鉄オリジナル塗装。
D50_9233
1624M 2020年1月7日  8:48 大屋~田中

天気はあまり期待していませんでしたが、思ったよりも雲が少なく、上り列車は順光で撮影できそうです。その絶好な条件の中でやってくる次の上り列車は、台湾自強号色と湘南色の併結です。公表されている運用表は編成の連結位置まではわからず、できれば自強号色は朝の1往復しか撮影チャンスがないので、好条件の上りで先頭に来てほしいところ。その願いが通じたのかどうか、やってきたのは黄色が目立つ自強号色編成を先頭にした5両編成でした。
D50_9237
628M 2020年1月7日 9:12 大屋~田中

D50_9247
引いてもう一枚。

さらに後続は、横須賀色がやってきます。
D50_9265
630M 2020年1月7日 9:39 大屋~田中
横須賀色の115系、中央本線の普通列車を思い出しますね。

さて、ここまで光線状態がいいと、反対の下り列車は逆光。先ほど通過した自強号色の編成が、今度は湘南色を先頭に折り返してきますが、さすがにこの時だけ都合よく曇ってくれるわけもなく・・・。
D50_9272
631M 2020年1月7日 9:44 大屋~田中
側面にはきれいに光が当たっていますが、その分先頭は・・・。補正をかけてこんな感じに。この列車は戸倉で自強号色編成を切り離し、湘南色編成だけで運用を続けるので、この後の折り返しに期待しましょう。

横須賀色の編成は1時間後になります。その間に場所移動。坂城付近まで進みますが、続きは次の記事で。

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

1月4日 新鶴見

1月4日土曜日、正月休みが続いている人も多いかと思いますが、三が日が終わったので貨物列車も動き始めたかなと思い、新鶴見で撮影してきました。結果から言うと、まだコンテナ列車は運休でしたが、今が書き入れ時とばかりにタンク車の貨物は動いていたのでこれらを中心に撮影できました。

では順を追ってご紹介します。まずはEF210のタンカー。
D50_9159
3090レ 2020年1月4日 12:18 新鶴見信号場

更新色のEF65PFが入換標識灯を点灯してやってきました。
D50_9176
入換~単1776レ 2020年1月4日 12:32 新鶴見信号場
しばらく待機してから、割畑を出発していきました。

このあと、やってくるのは逆方向の貨物か相鉄直通列車くらい。ただ、原色のEF65PFが来る情報があるので、しばらく待ってみます。日なたにいるとそれほど寒くないのが幸いでした。
D50_9193
8584レ 2020年1月4日 13:33 新鶴見信号場

このあとさらに、EH200-901がやってくるとの情報があり、もうしばらく待ってみました。
D50_9207
2020年1月4日 13:43 新鶴見信号場

コンテナ車の運休はありましたが、タンク車だけでもそこそこ撮影を楽しめました。正月休みの運休がひと段落したら、また撮りに来ることにしましょう。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

旧3000系をイメージした東急1000系「緑の電車」

1月1日、午前中で京急大師線の撮影を終えましたが、まだ時間があるのでどこかで撮影していこうと思います。
元旦ではさすがに貨物列車も動いていないだろうし、どうしようかと思ったところで東急の旧3000系をイメージした1000系緑の電車を思い出しました。そこで、充当運用を調べてみると、この日は日没まで多摩川線を往復する運用なので、早速向かいました。

まずは矢口渡付近の踏切から。蒲田行きの電車が、国道1号線の立体交差を越えて地上に下りてくるところを順光で撮れます。
D50_9103
2020年1月1日 12:09 武蔵新田~矢口渡
撮影地に到着後、最初にやってきたのがお目当ての列車でした。東横線90周年の5000系青ガエルのように、形式番号や定員などの表示、「T.K.K」表記などが再現されています。

同じ場所で折り返し多摩川行きまで待ってみます。矢口渡を発車したところを撮影しました。
D50_9109
2020年1月1日 12:21 矢口渡~武蔵新田

さて、東急線といえばステンレス車体に赤帯の電車、というイメージが強いですが、多摩川線・池上線に関しては新7000系と、それに準じた塗装の1000系1500番台が増えてきて、この日の多摩川線では赤帯の1000系は1本だけしか見られませんでした。なので、こちらもしっかりと撮影しておきます。
D50_9115
2020年1月1日 12:27 武蔵新田~矢口渡

このあと沼部付近の線路沿いに場所を移動します。
D50_9128
2020年1月1日 13:04 沼部~鵜の木

D50_9140_01
2020年1月1日 13:22 沼部~鵜の木

2020年の撮り初めはこれで終了。ところで東急の旧3000系は平成初期まで運用されており、私も小学生のころに利用していました。夏休みの東急スタンプラリー(当時のスタンプラリーは、期間中世田谷線以外の全線全駅にスタンプが設置されていた)で池上線や目蒲線のスタンプを集めていた時、冷房のない緑の旧3000系が来たらがっかりしたのも、今となってはいい思い出です。

| | コメント (0)

«京急大師線の干支ヘッドマーク