2017年4月 8日 (土)

JR貨物30周年ヘッドマーク

早いもので、1987年の国鉄分割民営化、JR発足から30年となりました。JR貨物では、これを記念して一部の機関車にヘッドマークを装着しています。しかも、そのうちの1両は原色に復元されたEF65 2139号機に付けられているということで、ぜひ一度は撮影しておきたいと思っていました。

休暇となった4月5日、2139号機の日中は高崎線を上る運用。ヘッドマークは片側しかつけられていませんが、幸いにもこの時は上り側にヘッドマークが着いています。そんなわけで、高崎線内で撮影すべく出かけてきました。

高崎線内の走行は15時前後となりますが、お昼前には出かけてまずは宮原付近で配6794レを撮影します。・・・と、その前に反対側から単機のDE10がやってきました。D50_6464
単8931レ 11:33

その後、ピカピカの貨車をつないだ配6794レが登場。
D50_6476
配6794レ 2017年4月5日 11:47 上尾~宮原
牽引機は2101号機です。

この後、お目当ての2139号機までは時間があるので撮影ポイントを探しつつ熊谷方面に向かって移動しました。

途中昼食をとりながら見つけたのは吹上~行田間のポイント。上下線間のロープが気になりますが、直線区間を行く上り列車を撮影できます。

場所も決まりあとは来るのを待つだけ。手すき時間に情報収集してみたらお目当ての列車は単機だとか。本来であれば石油返空のタキを牽引する列車ですが、今日は返すべきタキがないようです。

それでもヘッドマーク付きの原色EF65が来ることには変わりないのでそのまま待ちました。D50_6522
8876レ 2017年4月5日 15:21 行田~吹上

ひとまずは目的を達成できましたが、せっかくなのでもうすぐやってくる安中貨物も撮影しました。
D50_6530_01
5097レ 2017年4月5日 16:00 鴻巣~北鴻巣

今日の撮影はこれで終了。できればもう一度、今度は荷がある列車でヘッドマーク付きの2139号機を撮影しておきたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

東武鉄道のSL「大樹」撮影会

東武鉄道では今年の夏から蒸気機関車C11 207牽引するSL列車「大樹」の運転開始を予定しており、PRや準備が進められています。そして、昨年12月の東武ファンフェスタでは事前応募によるSL撮影会が大好評だったことから、今度は事前応募なしで撮影できるSL撮影会が3月26日日曜日に開催されました。

場所は東武ファンフェスタと同じ南栗橋車両管区で。当日は朝からあいにくの天候でしたが私も参加してきました。

南栗橋駅に着いたのは11時ごろ。今回も南栗橋駅からシャトルバスで移動します。会場入りしてまずはSL以外の車両の撮影会場へ。今回の注目はSLの他に、もうすぐ営業運転を始める新型車両500系“リバティ”と70000系です。東武ファンフェスタの時と同様に、1回の定員300名で15分の入れ替え制で、1時間弱の待ち時間で撮影できました。

まずは展示車両の並び。
D50_6441
今回も、撮影時間15分のうち初めは遠い位置から全体の横並びを撮影し、その後車両に近づいて撮影できるよう配慮がなされていました。

向かって一番左にはセイジクリームに復元された8000系の保存編成。
D50_6436

日比谷線直通列車の新旧車両。D50_6444

300系は2006年に特急に格上げされた「急行ゆのさと」のヘッドマークが表示されていました。
D50_6438

現行と最新型の特急車両の並び。
D50_6454
スペーシアはゴールドの日光詣編成が用意されました。

D50_6453
500系“リバティ”だけでもう1枚。

SL撮影会場は別の場所に用意されています。事前応募の当選者による有料試乗会も兼ねています。
D50_6460

この日の編成は、急行「はまなす」で使用されていた元JR北海道の14系2両。その後ろにヨ8000が連結されています。
D50_6461
ちょっと架線柱が多くてすっきりとした編成写真にはなりませんでした。

SLが発車するシーンも撮影したいところでしたが、雨脚も強くなってきたので12時半ごろには会場をあとにしました。

SLの運転が始まり、運転開始当初の賑わいが落ちついたら、リバティを利用して鬼怒川温泉への1泊家族旅行でも行こうかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

首都高速横浜北線トンネルウォーク

本日3月18日16時、首都高速横羽線の生麦と第三京浜の港北を結ぶ横浜北線が開通しました。その1週間前、3月11日には供用前の高速道路を歩ける「トンネルウォーク」というイベントが開催され、参加してきました。

イベントの内容は、2年前の中央環状線開通前のトンネルウォークとほぼ同様で、今回の会場は岸谷生麦出入口と、新横浜出入口の2か所での開催となりました。

私が参加したのは新横浜会場。市営地下鉄の北新横浜駅が最寄りとなります。

D50_6010
入口の電光掲示板には歓迎のメッセージ

D50_6009
横浜北線を歩けるのは今日だけ!

入口車線を歩いて行くと、港北方面と生麦方面とに分岐します。
D50_6012
今回は生麦方面へ。

トンネルに入る前に料金所がありました。
D50_6014

そしてこれが全長5900メートルの横浜北トンネル。
D50_6015

入ったらまず非常口の説明が。
D50_6016

扉を開けると、コンクリートで覆われた細い通路がありました。
D50_6018

車両火災などが発生した場合の散水装置の実演。
D50_6026

今回のイベントで注目だったのが滑り台式の非常口。
D50_6035
横に付けられた緑色のボタンを押すと、電動で扉が開きます。

D50_6036
そこには下に降りられる滑り台が・・・。

D50_6037
非常時にはここを滑り降りて避難します。

今回のイベントでは実際に滑り降りることもできました。
D50_6032
滑り降りた先にはこのような空間があり、非常階段を上って地上に出られるそうです。

これから取り付けられるのであろう標識類。D50_6034

D50_6038
出口車線のスロープから地上にもどりました。

イベントでは他にもスタンプラリーや作業車などの展示もあり、楽しめたイベントでした。今日は天気がよかったので、できればもっと地上区間を歩いてみたい気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

横浜港に来た新日本海フェリー「らべんだあ」

新日本海フェリーの新造船「らべんだあ」が進水し、下関の造船所からの回航途中に横浜港に立ち寄り見学会が開催されました。

船内の見学は事前応募制で見ることはできませんでしたが、通常は新潟や小樽など、日本海側でしか見られないこのフェリーを見てきました。

船首の向こうには氷川丸とマリンタワー、横浜らしい一コマ。
D50_5958

このアングルだと少しだけベイブリッジが入りました。
D50_5961

新しい白い船体に描かれたロゴ。
D50_5964

大さん橋での撮影をしてから、今度は船体の反対側を見られる山下公園まで行ってみました。
D50_5972
ぜひこの新造船に乗って北海道に行ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

原色のEF65PF2本とEH500の貨物列車

先日の14系客車甲種輸送の日は、他にも多くの機関車列車を撮影できました。撮影ポイントに到着後まずやってきたのはEF65PFの配給列車。
D50_5885
配8936レ 2017年2月22日 9:54 蓮田~東大宮

それから3分の続行で遅れている「トヨタロングパスエクスプレス」がやってきました。
D50_5889
4054レ トヨタロングパスエクスプレス 2017年2月22日 9:57 蓮田~東大宮
所定ダイヤなら、この時期はまだ暗い6時前に通過している列車、今日は日中の走行となりました。

D50_5897
3074レ 2017年2月22日 10:20 蓮田~東大宮

D50_5902_01
2017年2月22日 10:23 蓮田~東大宮
塗装など一部形態が異なる2次車でした。この日撮影したEH500は、14系客車の甲種輸送を含めて図らずもすべて前パンタの1位側が先頭でした。

そして、原色のPF2139号機も。
D50_5912_01
配8592レ 2017年2月22日 10:41 蓮田~東大宮
単機かと思いきや、後ろに空コキを3両連結しています。

この場所では約1時間の撮影でしたが、機関車列車を6本も撮影できてとても効率よく大収穫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

EH500牽引の14系客車甲種輸送

平日休みとなった2月22日、今日もなにか平日ならではのネタはないかと情報収集していたら、北海道から急行「はまなす」で使用されていた14系客車の甲種輸送が南下しているとのこと。この14系客車は今年運転開始となる東武鉄道のSL列車用に譲渡されるもので、東北本線を上り、大宮操で折り返し熊谷貨物ターミナルまで向かうそうです。

所定ダイヤでは夜中に通過しているところ、大幅遅れにより日中に通過することになったそうで、この列車を撮影するため、東大宮~蓮田間の通称ヒガハスポイントに行ってきました。

蓮田で電車を降りて撮影ポイントには9時45分ごろに到着。平日にもかかわらず、すでに大勢の撮影者が集まっています。今回は輸送する客車が4両という短編成なので、側面から狙う人も大勢いました。

先に通過するEH500牽引の貨物列車でシャッターを切るタイミングを計りながら待つこと約1時間とちょっと、お目当ての列車がやってきました。
D50_5931_01
2017年2月22日 10:58 蓮田~東大宮

このあとは大宮操での折り返しを撮影するために移動します。機回しするから少し時間に余裕があるだろうと東大宮まで歩いたら、ちょうど上り列車が発車したところ。次の列車は16分後。これだとちょっとギリギリかも・・・。この間に快速の通過があり、これなら素直に快速停車駅である蓮田から電車に乗ればよかったとちょっと後悔。

快速の後続の各駅停車で大宮の手前で、14系甲種が大宮操を出たとの情報がありました。到着直前には高崎線の列車とすれ違ったので、列車間隔を空けるためにもなんとか間に合いそう。

ホームに行くと、EH500のヘッドライトが見えてきましたが間に合いました。
D50_5946
2017年2月22日 11:54 大宮駅
少し雪が残ってますね。

D50_5952
スハフ14もきれいに撮れました。明日以降、熊谷貨物ターミナルから秩父鉄道を経由して南栗橋まで輸送されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

夜行日帰りで名鉄乗りつぶし

1月13日、名古屋地区の未乗路線乗りつぶしと、まだ行ったことのなかったリニア・鉄道館に行ってきました。

まずは前日夜の夜行バスで名古屋へと向かいます。今回乗ったのはJRバスのドリームなごや3号。急に休みが決まったので、乗車前日の11日に予約サイトを見てみたら3席しかなくていつも人気の高いプレミアムシートに空席がありました。直前キャンセルでもあったんでしょうか、迷わずこちらを予約しカードで即時決済。

12日、仕事が終わったらそのまま夜行バスで直行します。まずは勤務先近くの銭湯で風呂に入ってから、始発バス停の新木場駅へ。職場が地下鉄有楽町線沿線で、時間にも余裕があるので新木場駅から乗ります。駅前で一杯飲んでからバス停に行くと1本前の大阪方面行きのバスが停車中。そのあとに、これから乗るドリームなごや3号がやってきました。
Dsc_4254_01
新木場駅で発車待ちのドリームなごや3号

Dsc_4255_01
2階建てバスで。1階が3席のプレミアムシートとなっています。カーテンを閉めれば個室っぽいプライベート空間ができました。

新木場駅からの乗車は自分の他に1名。22時40分に発車し、永代通りを経由して東京駅へ向かいます。東京駅の発車時刻は23時20分。23時05分くらいに到着しましたが、5分くらい時間調整し、10分前くらいからお客さんを乗せます。

東京駅発車後は霞が関から首都高速に入り東名高速へ。途中足柄サービスエリアで休憩し名古屋へ。
D50_5627
足柄サービスエリアにて

途中渋滞などなく、まだ夜も明けきらない6時ごろには名古屋駅に着きました。朝食でもゆっくり食べたいですが、早朝営業の飲食店が見つからないまま名鉄名古屋駅へ。Dsc_4259_01
今日はこの1日乗り放題の切符で名鉄線の乗りつぶしをします。

名鉄名古屋6:34→富貴7:16 7:18→内海7:34

駅のホームにあったコンビニでおにぎりを買って、まずは河和行きの快速急行で河和線と知多新線の乗りつぶし。あとで調べたら、河和線に向かう快速急行は平日ダイヤのこれ1本だけというレア列車だそうです。

名鉄と言えばパノラマカーという時代は今は昔・・・パノラマカーと同じ赤い色ではあるけれども、ロングシートの通勤電車に揺られて途中の富貴で降り、知多新線へ乗り換えます。

乗り換え時間は2分、転換シートをガタンと向きを変えて席に座ればすぐに発車です。ここでようやく朝食のおにぎりを食べていたら20分足らずの乗車時間はあっという間で終点の内海に到着。

内海から河和までは南知多町のコミュニティバス「海っ子バス」でショートカットしてみます。全国版の時刻表には掲載がありませんが、インターネットで調べてみたらちょうどいい時間にバスがありました。というか、バスの時間に合わせて電車の時刻を決めたようなものですが・・・。

Dsc_4260_01
海っ子バス 内海駅7:46→河和駅8:03

このバスは、SKE48のメンバーが訪問した際に窓ガラスなどにサインを書いており、そのままの状態で運行されています。

Dsc_4262_01
Dsc_4265_01
窓ガラスの他に運賃箱にも。

8時過ぎに河和駅に着いて、名鉄乗りつぶしを再開します。河和からは一気に名古屋へ戻ります。次に乗るのは一部座席指定の特急なので、特別車両の指定をとりました。
Dsc_4266_01
特急料金ではなく座席指定に対する特別料金なので、乗車距離に関わらず一乗車一律360円。

ホームにはまだ列車がいなかったので、折り返しとなる列車の入線シーンを撮影してみました。
D50_5634
普通列車河和行きの折り返しとなります。普通列車では特別車両は締切となっていました。

河和8:22(特急)→金山9:09-9:22(特急)→須ヶ口9:33-9:36(普通)→弥富10:02

この特急列車で一気に名古屋へ戻り、今度は尾西線の乗りつぶし。後続の列車で須ヶ口へ、さらに接続の弥富行きに乗り換えます。
D50_5638

弥富から名古屋へ戻ります。来た道を引き返すのはつまらないし時間もかかるので近鉄で移動しました。

近鉄弥富10:10→名古屋10:24D50_5641
電車を待つ間にアーバンライナーが通過していきました。

Dsc_4267_01
名古屋にいるのに、近鉄電車を見ると関西に来た気分になりますね。


名古屋からは名鉄乗りつぶしは一時中断して、リニア・鉄道館へ行ってみます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

旧新潟色115系出場回送

昨年末、昭和50年代初めまで走っていた70系時代の赤と黄色の新潟色を115系で再現することが発表されました。そして、大宮総合車両センターに入場していた新潟車両センターの115系N3編成が本日出場するという情報を聞きつけ、撮影してきました。

入出場は、機関車牽引による配給列車ではなく自走による回送となりますが、N3編成にはATS-Pが装備されていないため単独で関東エリアを走行することができないため、ATS-Pを装備した信州色のL99編成に挟まれる形での自力回送となります。

お昼前に大宮駅に行ってみたら、すでにL99編成に挟まれた状態に組成されていました。
D50_5703

D50_5705
編成の中間となっているため、先頭車の顔は見えませんが湘南色と同じ塗り分けとなっています。

走行シーンは宮原駅付近のカーブで。日向を歩いているときはそれほど寒さを感じませんでしたが、撮影ポイントでは風が吹く中の日陰で約1時間半の待機はきついですね。

注目編成ということで、平日にも関わらず10人ほどの撮影者が集まり、15時過ぎにやってきました。
D50_5755
2017年1月19日 15:11 大宮~宮原

D50_5761

D50_5765
新潟に戻った編成は、早速今週末の団体臨時列車でお披露目され、その後は定期運用につくそうです。単独走行シーンも撮影してみたいですが、ちょっと遠くて簡単には行けませんね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

京急大師線干支ヘッドマーク2017

2017年、新しい年を迎えました。あけましておめでとうございます。

2017年は、一昨年の北陸新幹線・昨年の北海道新幹線のような、大プロジェクトの完成といった予定はありませんが、東京メトロ日比谷線に新型車両の投入、西武では40000系のデビューとそれに伴い東急初での有料優等列車の運転開始など、身近な変化も見逃せません。

今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、新年の撮り鉄初めは今年も京急大師線で。元日の午前中で少しだけ撮影してきました。
まずは京急川崎駅付近の踏切から。
D50_5370
2017年1月1日 9:24 港町~京急川崎

D50_5374
2017年1月1日 9:27 京急川崎~港町

場所を変えて港町付近のS字カーブへ。
D50_5386
2017年1月1日 9:41 京急川崎~港町

並びは割と早目の3回目で決まりました。
D50_5426
2017年1月1日 9:59 京急川崎~港町

今年もデザインは2種類。
D50_5408

D50_5411_2
駅名票をイメージしたり、最新型の1000形1800番台を描いたりとなかなか秀逸なデザインと思いましたがいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

常磐線と馬橋の短絡線を行くEF65貨物を撮る

11月27日、この日は百里基地航空祭の日で、早朝より航空祭に行くつもりでいましたが、目覚まし時計の設定を間違え寝坊してしまいました。もっとも、前日からの雨予報であまり気乗りがしていないということもありましたが、急いで行っても付近の渋滞や駐車場待ちなどで充分に見ることもできないでしょう。

航空祭は行かないにしても、せっかくの休みだからどこかへは出かけたいもの。なにか撮り鉄ネタはないかと調べてみたら、原色に復元されたEF65 2139が武蔵野線を日帰りで往復する運用についていて撮影しやすそう。そんなわけで、今日はこれ狙いに決定。

撮影ポイントをどうするか・・・曇ってはいるものの、雨は降っていないので光線状態を気にせずに撮影できます。新鶴見の公園で撮影できればベストですがもう時間が間に合いません。武蔵野線内は駅間での撮影ポイントはあまり期待できないので、常磐線との短絡線に行ってみることにしました。カーブで編成後ろは隠れてしまいますが、被りの心配もなく安心して撮影できるポイントです。

早目に着いて待つこと約1時間、先に反対側からEF65PFの貨物列車がやってきました。
D50_4872
2016年11月27日 10:09 馬橋~南流山

それから数分後、お目当ての2139号機がやってきました。

D50_4888
2016年11月27日 10:13 南流山~馬橋

手前に引いてもう一枚。D50_4896

折り返しもここで撮影することにしましたがまだ時間がたくさんあるので場所を変えてもう1本PFの貨物を・・・。
D50_4963
2016年11月27日 13:27 松戸~金町
図らずも今日はPF貨物ばかりの収穫となりました。

馬橋の短絡線に戻り、新鶴見へと向かう2139号機を狙います。D50_4976_01
2016年11月27日 14:14 馬橋~南流山
朝よりも雲が厚くなって暗くなってきたため、ISO感度を上げて対応しました。

この後安中貨物でも撮影しようと思いましたが、雨が降ってきたのでちょっと早めですがこの日の撮影はこれで終了しました。

今年も1年当ブログをご覧いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

«相模線の205系500番台を撮る