2018年1月23日 (火)

E353系スーパーあずさと松本電鉄

昨年12月から運転開始した中央本線の新型特急車両E353系「スーパーあずさ」に乗ってみたくて、日帰りで長野県に行ってきました。

1月22日月曜日。まだ夜が明けきらない7時前、新宿駅に行くとすでにこれから乗る列車がいました。
Dsc_1129
発車の10分くらい前にドアオープン。月曜日の朝一の列車だけあって、車内は出張に行くような感じのビジネスマンで混雑しています。

7時に発車。立川・八王子の停車でほぼ満席となりました。

頭上に目を向けてみると、予約状況の表示ランプが見えます。
Dsc_1132
現在は消灯していますが、E353系への置き換えが完了後に使用するものと思われます。

Dsc_1131
今や新型特急では必須アイテムとなったコンセントは、前の座席の足元に、各座席に用意されています。

快適な車内で過ごすこと約2時間半、松本に到着。このあとは松本電鉄上高地線に乗ってみます。

松本電鉄線に乗るのは、まだ元東急5000系が走っていた頃以来20年以上ぶり。久しぶりなので新島々まで1往復してみます。

松本電鉄線の現在の主力車両は元京王井の頭線用3000系。車両の妻面には京王時代のプレートが残されています。D50_1586
京王では“デハ”、松本では“モハ”という形式記号なんですね。

D50_1588
製造年は昭和41年。もう50年以上も走っているんですね。

途中の新村では、朱色主体の旧塗装を再現した編成と列車交換しました。そこで、新島々まで行ったあと、折り返しの上り列車を新村までのどこかで途中下車して走行シーンを撮影することにしました。

スマホの地図機能を見ながら、三溝~新村間で撮影しようと思っていたら、それより手前の森口で列車交換してしまいました。朝の通勤時間も終わったから、毎回同じ駅で交換するものと思っていたら、違ってたんですね。

ひとまずそのまま乗り続けて新村で下車。新村には車両基地があり、ホームから見える位置に古い電気機関車が置いてありました。
D50_1601
パンタグラフが上がっているので通電しているのかと思ったら架線がありません。よく見たらライトアップ用のケーブルがあり、どうやら静態保存されているようです。

この機関車、JR大糸線の前身である信濃鉄道(もちろん、第3セクターの「しなの鉄道」とは別法人)が昭和初期にアメリカから輸入した車両で、その後は国鉄や西武鉄道などで使われた後、松本電鉄にきたそうです。

道路から見える位置には、以前使われていた元東急5000系がいます。D50_1594
物置として使われているんでしょうか。塗装は松本電鉄で使われていたものから東急時代のいわゆる「青ガエル」に変更されています。

他にも、なにやら気になる木造の有蓋貨車らしきものが・・・。D50_1596
大正時代に作られたかなり古いタイプの貨車だそうです。

さて、列車の撮影に関しては新村駅付近はあまりいいポイントがなさそうなので、隣の北新・松本大学前駅まで歩いてみました。先にやってくる下り列車は、この駅の東側にある踏切から撮影します。D50_1606
大きくカーブを描きながらやってくるところを狙えます。長編成ならもっと画になったことかと・・・。

お目当てのリバイバルカラー編成は駅の西側から。
D50_1617

D50_1626
どちらも片ポールで、すっきりした写真を撮れました。

撮影後、この列車で松本まで戻ります。この後、特急しなので長野へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

京急大師線干支ヘッドマーク2018

あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

年の初めは今年も京急大師線の撮影からスタートします。元旦の午後に撮影してきました。
D50_1443
2018年1月1日 14:05 京急川崎~港町

D50_1457
2018年1月1日 14:11 港町~京急川崎

例年通り、ヘッドマークのデザインは一般公募で選ばれた2種類。
D50_1438
D50_1459

さて、撮影時の運用は臨時ダイヤでヘッドマーク付き1500形とヘッドマークの付けられない新1000形が2本ずつ、計4運用でしたが、両形式が交互にやってくるので、折り返し駅となる京急川崎に近い港町付近ではヘッドマーク付き編成どうしのすれ違いは撮れません。D50_1449
2018年1月1日 14:11 港町~京急川崎

D50_1468
2018年1月1日 14:18 京急川崎~港町
ご覧のとおり、すれ違いのシーンは撮影できたんですが・・・。

近い将来、1500形が引退したあと、この伝統の干支ヘッドマークはどうなるのでしょうか?そろそろそんなことも気になりだしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

2017.12.3新田原エアフェスタ

新田原エアフェスタ当日の朝は早く、まだ夜も明けないうちから趣味友さん方と合流し、新田原基地へと向かいます。いつもの眺鷲台の駐車場から歩いて基地へ。
1_2
このゲートをくぐった先に手荷物検査場があり、そこを通過したころ雨が降り出しました。一時は結構強く降ったりしましたが、通り雨だったらしく、飛行機が飛ぶ頃には止んで一安心。
基地内では、グッズを買ったり地上展示機をちょこっと見ただけで、滑走路の南側へと移動します。

2_2

3_2
曇り空ではありますが、昨日は撮れなかったF-15を撮れて満足です。

4_2
記念塗装のF-15も。

米軍のF-16は低空のまま旋回して唖然…。
5_2

午前のフライトが終了し、一旦眺鷲台へ戻ります。午後のブルーインパルスは眺鷲台付近から。ランチェンしたので5番機のローアングルキューバンが狙えると思いましたが、思ったよりも手前で上がってしまい画にならず・・・。

6_2
ショーセンターとも離れているため、あまりこれといった写真は撮れませんでした。

エアフェスタの終わりに近づいてから空が晴れてきました。最後に、外来機の帰投を撮影していきます。
7_2

8_2

9_2

10_2
F-2を見送ってから宮崎空港へ直行。

11
宮崎名物冷汁の定食を食べてから、JAL便に乗ります。

往復ともソラシドでもよかったんですが、値段がそんなに変わらない上に機内でWi-Fiが使える機材ということで、JAL便にしてみました。

離陸後数分でWi-Fiが使えます。早速フライトレーダーのアプリを立ち上げて、自分の乗ってる便をチェックします。今どこを飛んでいるのか、すぐにわかるのは楽しいですね。飛行中ずっと飽きずにスマホの画面を見ていました。

羽田空港に到着し、今回の遠征も終了。来年もまた行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

2017.12.2宮崎遠征

2015年の築城、2016年の三沢と続く年1回の泊りによる航空祭遠征、今年は3年ぶり3回目の新田原に行くことにしました。

12月2日、夜明け前に羽田空港に着いてソラシドエアの早朝便で宮崎へ。天気が良くて富士山もきれいに見下ろせます。 Photo_10
宮崎空港到着後は、タクシーで新田原基地の南側へ向かいます。前回は、タクシー乗り場にいた新田原に向かうと思われる単独行の人に声をかけて4人相乗りで行ったので、今年もそのつもりでいましたが今年はなぜかそのような人の姿が見られず…。ある程度時間が経過して、到着便で降りてきた乗客もいなくなってきたので、一人でタクシーに乗るかと思ったところで、ようやくそれらしき人が1名タクシー乗り場へ来たので声をかけてみたらやはり行き先は新田原でした。

というわけで、2名でタクシー代折半でのにゅうた入りとなりました。途中でコンビニにも寄ってもらって基地を目指しましたが、国道10号線の日向大橋付近で渋滞にはまり、南門に着いたのは10時ごろ。すでに戦闘機の展示飛行は終わってしまいあとはブルーインパルスを待つだけという状態。

現地で同行する趣味友さんたちと合流し、11時20分ごろに離陸したブルーインパルスを撮影します。
1

2

3

4
天気が良く、もちろんSKCの1区分。クリスマスツリーローパスを見ると、新田原に来たな~という実感がわいてきます。

12時前に着陸し、まだお昼前ですが本日の航空機の撮影は終了。撮影機材を片づけ、趣味ともさんのレンタカーを停めてある眺鷲台まで歩きます。途中でブルーのフライトに間に合わなかった趣味友さんとも合流し、宮崎市街を通過して青島のうどん店へ。
5

食後は青島神社に参拝しました。
6

7
これが有名な鬼の洗濯板。もうかれこれ10年以上前、日南線の乗りつぶしに来た時に近くを通ったのに、時間の都合で寄れなかったのが心残りでしたが、今日来ることができてよかったです。

日も傾いてきた17時ごろに一旦解散。宿泊する東横インにチェックインし、荷物を置いて近くのスパへ。サウナにもしっかり入ってお腹を空かせて喉を乾かしておきます。部屋に戻って30分ほど休憩して夕食会場へ。
8

9

10
次々出てくるおいしい料理にお酒も進み、すっかり満腹になってお開きとなりました。部屋に戻って明日の準備。早目に寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

横田基地エアフォースワンと羽田空港で撮影

連休最終日の11月5日、この日はかねてから趣味友さん企画の羽田空港での撮影会でしたが、トランプ大統領の来日により横田基地にエアフォースワンが飛来するとの情報で、横田基地に行くことになりました。

3人の趣味友さんと8時に品川駅前で待ち合わせし、首都高と中央道を経由して横田基地外周に着いたのは9時ごろ。RWY18で降りてくることを想定して滑走路北側のポイントで待ちましたが、降りてきたのは逆側のRWY36でした。そこでやむなくフェンス越しに撮影することに。
Photo

Photo_2
富士山をバックにタキシングするVC-25A。

2機目は約25分後に着陸。
Photo_3
トランプ大統領はこちらに乗っていたそうです。

エアフォースワンを撮影した後は羽田空港へ向かいます。

デッキに行ってみたらスターウォーズのC-3POジェットがいました。
Photo_4
まずはこれのタキシングをカメラで追っていたら、ちょうどいいタイミングでR2-D2ジェットがRWY34Rに降りてきました。

Photo_5
いや~なかなかいいものが撮れました手(チョキ)
その後もフラワージェットや、
Photo_6

ルフトハンザのレトロカラーなど、
Photo_7
を撮影して第1ターミナルへ移動。

Photo_8
整備場には政府専用機のB747が整備を受けていました。

Photo_9
先ほどグッドタイミングで降りてきたR2-D2はトーイングされて今日はもうお休みのようです。

日が暮れるまで撮影を続けて17時ごろに解散。とても収穫の多い1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

西武鉄道のレストラン列車「52席の至福」

西武鉄道では昨年春から車内でコース料理を楽しめるレストラン列車「52席の至福」という列車を運行しています。近年はJR九州の「ななつ星」に代表されるような豪華なクルージングトレインがブームで、一度は乗ってみたい魅力的な列車ばかり。でも、乗るのに数十万円かかったりする上に抽選倍率が高く、乗るためのハードルが非常に高い列車です。

そんな中にあって、この「52席の至福」は決して気軽に利用できるものではありませんが、手を伸ばせが届くくらいの料金なので、一度乗ってみたいと思っていました。この列車も人気が高く、すぐに満席となってしまいますが11月4日の土曜日にキャンセルが出たようで、ちょっと早い結婚記念日のお祝いを兼ねて乗ってきました。

この列車は子ども料金の設定はなく、大人がゆったりと食事を楽しむような趣向の列車なので、今回は子どもは保育園に預けて、夫婦二人でのお出かけとなりました。
Dsc_0668
始発駅は西武新宿駅。乗車する際はレッドカーペットが敷かれて、テーブルに案内されます。
Dsc_0670

指定された車両は西武新宿発車時点で先頭車両となる1号車。
Dsc_0695
木材を多用した特徴的な天井が印象に残ります。

団体列車扱いなので、特に発車メロディーが鳴るわけでもなく静かに発車しました。早速ドリンクのオーダーを聞きにきたので、プレミアムモルツのマスターズドリームを注文。その後、発車して20分ぐらいで最初の料理が出ました。
Dsc_0677
Dsc_0684
“軽く燻製したサーモンと色鮮やかの野菜のテリーヌ”

Dsc_0686
こんな感じでいただいてます。

Dsc_0688
“軽く仕上げたポルチーニのポタージュスープ 秋のリゾットとともに”

スープを食べ終わったところでそろそろ所沢到着。乗り物好きとして注目したいポイントが、新宿線から池袋線への転線。
Dsc_0690
いくつものポイントを渡って池袋線下りへと転線しました。

所沢に着いたところで厨房を見てみました。
Dsc_0691
Dsc_0692
さすがに車内で直火は使えないようですが、IH調理器を使って車内で調理しています。

Dsc_0693
車内で売っていたオリジナルグッズ。

4号車は多目的スペースとなっていますが、運転室寄りのドアのある一画だけは種車のままあまり手を加えられていないようです。
Dsc_0716

Dsc_0717

所沢で数分停車し、進行方向を変えて発射しました。小手指の車両基地を通過する際には、社員総出で旗と手を振ってお見送りがありました。
9140045_2270206438_78large
なんか全社を挙げてもてなしてくれてるって感じがしますね。

武蔵藤沢を出て入間基地の近くを走っているころにメインの料理が出てきました。
Dsc_0696
Dsc_0703
“武州豚のローストとバラ肉のパネ 2色のソースとサツマイモのドフィノワ添え”
この肉がとろけるような柔らかさで美味しかったです。ところで、昨日航空祭で21万人が集まった入間基地を今日は車内で料理を食べながら眺めましたが、今日は祭りのあとといった感じで寂しいものですね・・・。

メインを食べ終わり、もうすぐ飯能に到着といったところでデザートの前の飲み物。
Dsc_0711
“よこぜのおいしい紅茶”手書きのメッセージカードが添えられています。

最後のデザートは飯能を出てから。
Dsc_0715
“林檎のコンポートとジュレ バニラアイスを添えて”

それぞれの料理の量はあまり多くはありませんが、ゆっくりと時間をかけて食べるのでそれほど足りないとは感じませんでした。食べ終わったころに芦ヶ久保駅に到着。
Dsc_0722
ここでは30分ほど停車するので駅前にある道の駅まで散策できます。

芦ヶ久保を出てから10分ほどで、終点の西武秩父に到着。降りるときも、レッドカーペットでお見送りとなりました。

今回はランチでの利用ですが、ディナーのコースもあったり、季節によって料理の内容が変わるのでまた利用してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

11月3日父娘で楽しむ入間航空祭

11月3日、今年も入間航空祭に行ってきました。今年は自分が入間航空祭に行くようになってから10年目、初めての入間に一人で行きましたが、その後は高校時代の友人や会社の後輩、嫁さんや趣味友さんなど、一緒に見る相手も変化していきました。そして、今日はうちの子と二人で行ってきました。

今年は3月から運転を開始した「S-TRAIN」で渋谷からゆったりと移動しました。車内にはトイレもあるので、念のため子どものトイレも済ませておきます。

駅に着いた頃、カメラの電池を入れ忘れたことに気づきましたsweat01一晩充電して持って行こうと思っていたところを忘れてしまっていましたsweat02専用のリチウムイオン電池なので、乾電池のようにコンビニなどで買うわけにもいかず、今日は撮影をあきらめざるをえません。なので、今回の日記は展示飛行のレポートというよりも親子で航空祭を楽しんだ親バカ日記ですので、悪しからず・・・。

今日は子どもにたくさん楽しんでもらおうと気持ちを切り替え会場入り。そしてエプロン地区に着いたのはちょうど9時ごろ。
Dsc_0628_01
3日前くらい前の予報では雨マークがあったものの、実際に当日になってみれば雲一つないいい天気sun過去10回の入間航空祭では曇りの日はあれど、一度も雨に降られていないのはさすが晴れの特異日と言えるでしょうか。

格納庫内でははT-4の可動部の動作実演展示。車輪の出し入れやフラップ・ラダーの作動する様子を見られました。
Dsc_0647
脚を格納して飛行中を再現したT-4の#701。
動作実演終了後、「REMOVE BEFORE FLIGHT」のタグを指差し、「あの赤いのはなに?」と聞いてきたので、「あれはね~」と言いかけたところで、マイクで動作展示の解説をした隊員さんが、質問があれば聞いてくださいと言っていたのを思い出し、隊員さんのところへ行って自分で質問させてみました。
「すみませ~ん!あの赤いのなんですか?」隊員さんは子どもにもわかりやすいように教えてくれました。

さて、うちの子は以前に見たブルーインパルスの、キューピッドやスタークロスを気に入ったようで、「この飛行機はお絵描きしないの?」と聞いてきます。「お絵描きするのはブルーインパルスだけだよ」と教えると、今度はしきりに「ぶるりんぱるすまだ?」と・・・。

うちの子はブルーインパルスが待ちきれないようで、まだ?まだ?と繰り返します。C-1がまだ飛んでいますが、撮影もしないし気を紛らわせるためにC-1の着陸前に売店エリアに行ってみました。さすがにその時間はまだトイレも並んでなく、ブルーの前にもう一度トイレタイム。仮設ながら洋式で助かりました。

昼食は事前に用意してきたものの、足りなかったようなのでジャンボフランク1本買ってエプロンで食べようと移動したら、エプロンへ行く人とエプロンから出る人の流れがぶつかって大渋滞!いつもはエプロン地区に入ったらそこから出ることはしないので、混んでてエプロンまで行けないとはこのことなのかと、今さらにして知りました。ただ、時間がたてば出る人も少なくなり、20分ほどでようやくエプロンに戻れました。

フランクを食べ終わってようやくブルーインパルスのお時間。撮影できなくとも、せめてエアバンドで雰囲気くらいは楽しみたい、と思ってイヤホンを付けたら、うちの子もつけたいと言ってきます。それだけは勘弁してくれと、その代わりにタキシーアウトの様子を遠くからですが抱っこで見せてあげました。

離陸まで抱っこして降ろしたら、見えないからもっと抱っこだと。空を見上げるんだから抱っこしなくても見えるんじゃないかと、しゃがんで子ども目線になってみたら、確かに周りに人が多すぎて見えにくいsweat01やむなく会場を通過するときは抱っこして、科目の合間に降ろすということを繰り返していたら右腕が痛くなりましたたらーっ(汗)もう体重も20キロ超えてるんですよね~sweat02

そしていよいよ、大好きなお絵描きの時間。
Dsc_0658

Dsc_0660
青空を背景に最高の絵を描いてくれました。スモークで描かれた星が消えてくると、少しだけ寂しそうに「星が消えちゃうよ!」と言うので、「じゃあまた来年も見に来る?」と聞くと元気よく「うん!」と言ってくれましたhappy01

コークスクリューまで見届けた後、着陸を待たずに帰途へ。余韻がさめないのか帰りの電車内でも寝ることなく、今日1日航空祭を楽しんでくれたようです。

長々と親バカ日記にお付き合いいただきありがとうございましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

2017年入間航空祭予行

11月2日は入間航空祭の予行。例年同様、武蔵藤沢駅付近のコインパーキングに車を置いて、積んできた折り畳み自転車で滑走路南端のポイントに着いたのは9時20分ごろ。撮影の準備が整ってすぐに、ブルーインパルスの到着です。
D50_9408

D50_9414
最初に1~4番機の4機が着陸。その後、約10分遅れて5・6番機と予備機が下りてきました。

ブルーの到着と入れ替わるように、1機のT-4が上がります。
D50_9454
見慣れない部隊マーク。調べたら、福岡の春日基地からの外来だったようですね。

この日の午前中は予行はないようで、地元機の離着陸が数回あった以外は静かでした。

午後になってようやくブルーインパルスのフライト。13時45分ごろ、3機ずつタキシングしてきました。
D50_9508
1番機の#745が不調なのか、予備機の#787が代わってました。天気も良く、いつものようにダイヤモンドテイクオフ~ファンブレイクと進んだところでストップミッション。どうやらブルーの飛ぶ空域にほかの航空機が入ってきたらしい。

しばらく待って再開しましたが、再び中断。
D50_9620

D50_9625
その後、フェニックスループを見られましたがさらに三度の中断。結局、科目を大幅に減らされ物足りないまま着陸となりました。

D50_9630
入間でのストップミッションはほんとに多いですねあせあせ(飛び散る汗)

ブルーが下りてからしばらくして、上空でプロペラ機の音が聞こえたので見上げてみたら水色のC-130が飛んでいたのですが、偶然にも飛行機雲(もちろんC-130のではなくもっと上空を飛ぶ航空機)の隣に虹が見えました。
9140045_2269828090_57large
逆さにかかる虹で珍しい現象だそうです。

上空で見えたC-130はそれから10分ぐらいで下りてきました。
D50_9690

その後も続々と外来機が下りてきます。
D50_9701

D50_9720

D50_9728

D50_9736

しかし、15時ごろに到着予定と入間市役所のホームページに情報のあったF-2とF-15がなかなかやってきません。

タッチアンドゴーを繰り返す、夕日に染まったC-1を撮影しながら待っていましたが・・・
D50_9766
15時半ごろになって家の用事のためタイムリミット。そういえば、入間に来て前もそんなことがあったな・・・。

曇りで肌寒い昨年とちがい、天気が良くて暖かく撮影日和の1日でした。ただ、ブルーのストップミッションがなければねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

東急東横線90周年記念・5000系「青ガエル」

東急東横線では、開業90周年を記念して8両編成の5000系5122Fに緑色のラッピングで運転されています。この編成を撮影するため、午後に東横線に行きました。

運用を調べてみると、まずは元町・中華街からの上り列車から撮影できそう。ただ、あまり時間がなかったので手っ取り早く自由が丘駅のホームから駅撮りしました。
D50_8877

2017年9月30日 13:14 自由が丘駅
この緑色はもちろん、かつて東急線で走っていた初代5000系のいわゆる「青ガエル」と呼ばれていた車両の再現ですね。

初代5000系の緑塗装はこんな感じ・・・。
50002
東急での初代5000系の写真がないので、岳南鉄道に譲渡され東急時代のリバイバルカラーとなった編成を参考にあげておきました。

車体の緑色だけではなく、前面左下の表示もしっかりと再現されています。
D50_8884

D50_8886
90thのヘッドマーク。

側面を見てみると、サボをイメージしたような「東横90周年」の文字と、T.K.Kの会社表記。
Dsc_0521_3

そして、車体番号も当時のフォントで。
Dsc_0519
なかなか細かいところまでこだわってますね。

この列車は各駅停車で石神井公園まで行ってからまた各駅停車で折り返してきます。今度は時間に余裕があるので駅を出て都立大学駅寄りの踏切から撮影することにしました。
D50_9024
2017年9月30日 15:15 都立大学~自由が丘 

D50_9027

この青ガエル編成、今日はこの2本だけの撮影ですが、このラッピングは来年8月まで継続されるということなので、乗り入れ先の西武や東武など、場所を変えて撮影してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

東急世田谷線招き猫ラッピング

東急世田谷線では、その前身となる玉川線の開業110周年を記念したラッピング編成を運行しています。ラッピングは、招き猫の発祥と言われている沿線にある豪徳寺の招き猫をデザインしたもの。

運行開始は9月25日。その翌日、運転本数の多い朝のラッシュ時間帯を狙って早速撮影してきました。

撮影ポイントに着いて3本ほど見送った後、お目当ての招き猫編成が来ました。
D50_8847
2017年9月26日 7:44 若林~西太子堂

この列車を連写したら・・・。
D50_8848_01
ちょうど太陽の光が反射して、目が光っているように写りました。

折り返しは三軒茶屋駅を発車したところを撮影。D50_8851_2
2017年9月26日 7:49 三軒茶屋~西太子堂

この編成はラッピングだけでなく、車内の内装にもこだわっているようで、機会があれば一度乗ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«木更津航空祭