« ネットオークションがおもしろい | トップページ | パソコン購入 »

2005年9月19日 (月)

飛行機に乗る

Img_1116  私が旅行で積極的に飛行機を利用するようになったのは仕事をはじめてからです。
 それまで、一人で旅行をするときはほとんど列車、たまに高速バスを使うくらいでした。鉄道利用の場合、かつては学割があり往復運賃のついたワイド・ミニ周遊券や青春18きっぷなど、フリーきっぷ類をよく利用していたので北海道だろうと九州だろうと鉄道を主に使ってきました。それに、飛行機は値段が高いというイメージがあったからです。
 
 仕事をはじめると、学生のころのように長期の休みがあるわけではなく、限られた休暇を十分に使いこなさなければなりません。そこで、就職4年目の夏休みは北海道旅行にいきましたが、帰りは新千歳から一気に羽田まで飛行機で帰ってくることにしました。
 
 一週間列車で道北・道東を旅して回るといくら旅好きとはいえ疲れもたまってきます。しかも2日後からはまた仕事の毎日・・・。そういった中で何時間もかけて列車で帰るのはさすがに苦痛です。北海道からの帰りは、最終便でしたが午前1時ごろには家に着きました。家で風呂に入って布団にはいると、やっぱり自分の家が一番おちつくと思ったことです。 

 2003年の九州旅行では、青春18きっぷの旅で帰りも山陽・東海道線を乗り継いで夜行を一本はさんで帰ってくる予定でしたが、疲れがたまり急遽飛行機で帰ってきました。値段を比較するとかなりの差がありますが、それでも早く帰る気持ちの方が強かったのです。このときは夜中0時ごろに携帯電話のiモードで予約できました。便利な世の中になったものです。それと同時に、学生のころのようなハードな鉄道旅行はもうできないなと実感しました。

 超割やバーゲンフェア航空券など、格安で乗れる機会が増え、今ではそれを利用して土・日の休みでも四国や九州など遠方へ出かけています。

 とかく鉄道好きの旅人からは、「飛行機は旅情がない」と目の敵にされがちですが、使ってみればとても便利な乗り物です。出発前の空港でいろいろな行き先を見ながらこれからの旅に思いをめぐらすなんて、とても旅情があると思いませんか?うまく旅程に組み込んで、楽しい旅にしましょう。

|

« ネットオークションがおもしろい | トップページ | パソコン購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットオークションがおもしろい | トップページ | パソコン購入 »