« 事故発生!そのときの対応は・・・ | トップページ | 「メガライナー」つくばから引退 »

2006年4月30日 (日)

見所いっぱい!電気の史料館

 ゴールデンウィークの初日となった今日(29日)、横浜市鶴見区にある「電気の史料館」に行ってきました。車で行ったのですが、地下駐車場が完備されとても立派な建物です。
 館内は、電気のメカニズムや発電・送電・配電のしくみ、歴史の展示がメインです。中学校の頃に習ったオームの法則やフレミングの法則など、ちょっと懐かしい(難しい!?)内容や、電力事業発展の変遷などをパネルやビデオで学ぶことができて楽しめます。
 また、発電機や鉄塔など実物展示も充実しており、中でも圧巻なのは火力発電所で使われていた大型タービンは見ごたえがありました。
 意外だったのは、20世紀初めにすでに実用されていた電気自動車。普及こそしなかったものの、100年も前に電気自動車が走っていたことに驚きました。

 ちょっと暇つぶしのつもりで行った電気の史料館でしたが、館内にはおしゃれなカフェもあり、3時間半はいたでしょうか。あまり知られていないのか、すいているのでゆっくり見学できました。混雑を避けるゴールデンウィークに出かけてみてはいかがでしょうか。

アクセス:南武線尻手駅から徒歩15分、川崎駅西口から無料シャトルバスあり。

|

« 事故発生!そのときの対応は・・・ | トップページ | 「メガライナー」つくばから引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 事故発生!そのときの対応は・・・ | トップページ | 「メガライナー」つくばから引退 »