« さよなら旧北九州空港 | トップページ | 見所いっぱい!電気の史料館 »

2006年4月24日 (月)

事故発生!そのときの対応は・・・

 今日は山手線で線路障害により午前中から夕方まで電車が止まるというトラブルが発生しました。東京の大動脈が長時間止まるのだから大変なことです。駅間に止まった電車を降りて線路を歩くという光景もありました。
 一方で、18時ごろは東京メトロ銀座線でも人身事故があり、こちらは私の通勤経路なのでしたが、事故発生から30分足らずで、影響のない浅草~銀座間折返しで運転再開しました。
 JRでは、ひとたび事故が発生すると運転再開まで全区間で運転を見合わせるようです。そのたびに思うのが、今回の銀座線の事故のように、影響のない区間で先に運転再開できないものかということ。例えば、今日の山手線だと、線路に異常があったのは新大久保付近なので、折り返し設備のある池袋~東京~大崎で折り返し運転をすれば、間引き運転をしたとしても影響はもう少し小さかったかもしれません。
 このあたりの柔軟さが、JRにはまだまだ足りないなと思った一日でした。

|

« さよなら旧北九州空港 | トップページ | 見所いっぱい!電気の史料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら旧北九州空港 | トップページ | 見所いっぱい!電気の史料館 »