« 気動車運転体験・・・関東鉄道水海道車両基地 | トップページ | 地下鉄乗り入れ対応ロマンスカー登場! »

2006年9月17日 (日)

鹿島鉄道に行ってきました

Img_1168  茨城県の石岡と鉾田を結ぶローカル私鉄「鹿島鉄道」。車社会と少子化による経営難はここも例外ではなく、来年4月には廃止となることが予定されています。今のうちに鹿島鉄道を記録しておこうと、ビデオ撮影にでかけてきました。
 撮影は走行シーンを主に、一部区間は列車に乗って外の景色も映像に残します。昭和11年に製造(現役の気動車では最古)され、今年70年目になるキハ601も撮影してきました。車内はもうあまり見ることのない木の床、独特のにおいが懐かしい気持ちにさせてくれます。
 Img_1169   

 私個人では、乗客が少なくて赤字が続くなら、廃止は残念ではあるけれどやむをえないというドライな考えを持っています。たいてい、廃止反対を訴えるのは普段乗らない鉄道ファンか沿線の役所くらいで利用者の意見が伝わってこないのです。(あくまでも私見です)しかし、鹿島鉄道は、沿線の中学高校の生徒会が連絡会をつくり、鉄道存続の活動をしているというのです。
 中学高校生といえば鉄道の大切なお得意様。こんなに利用者に親しまれている鉄道なんてそうあるものではないでしょう。この生徒たちのためにも、何とか存続への道はないものかと考えさせられました。

|

« 気動車運転体験・・・関東鉄道水海道車両基地 | トップページ | 地下鉄乗り入れ対応ロマンスカー登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気動車運転体験・・・関東鉄道水海道車両基地 | トップページ | 地下鉄乗り入れ対応ロマンスカー登場! »