« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 世界最大級の高速フェリー「ナッチャンRera」 »

2007年10月24日 (水)

月の石

Img_1917  東京大学の総合研究博物館というところで、月の石を展示しているという情報を入手しました。惑星探査をテーマとした期間限定の特別展を開催しているようです。興味のある内容だったので早速行ってみました。

 構内を少し歩いて、敷地の端のほうに博物館はあります。入館無料で、特に手続きをすることもなく中に入れました。常設展示は、鉱石、植物、動物の標本など。ホルマリン漬けはあまり好みではないのでさらっと見て一番奥の特別展に行きます。
  
 宇宙をイメージした暗い照明の中で、ひときわ輝いている・・・いや、ただ単に照明がまぶしいだけだけれど、プラケースの中にまるで宝石のごとく大切に展示されているそれがあります。館内は基本的に撮影禁止ですが、この特別展は撮影可能なのでこの地球外物体の写真を撮ってきました。

 他には、火星探査のイメージ映像や、宇宙を飛んでいる彗星の塵も展示されていますが、針の上にのるような極小のものなので、よく見えません。

 小さな石を見て、大きな宇宙に想いをめぐらせるひと時でした。

|

« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 世界最大級の高速フェリー「ナッチャンRera」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸東京たてもの園 | トップページ | 世界最大級の高速フェリー「ナッチャンRera」 »