« 白昼登場のこの車両 | トップページ | 田町で見るE233系 »

2008年4月22日 (火)

数年前の検測車

 先日はE491系「East i-E」の走行写真を紹介しましたが、それにちなんで今日は「East i-E」登場前のクモヤ193とマヤ34による検測車の写真をご紹介します。

 当ブログでは、京浜東北線での「East i-E」を大井町駅で撮影した写真を掲載していますが、これも同じ場所で撮影したものです。ただし、写っているのは電気検測車193系、2001年の撮影です。
193
2001年11月28日 大井町駅
ところで自分でもE491系の写真と見比べてみましたが、紙焼き写真をスキャンしたものよりも、やはりデジカメで撮影した画像のほうがきれいですね。高画質モードにはしているのですが、スキャナの性能にもよるのかな?

 続いてこちらは軌道検測車マヤ34。この日は東海道貨物線の検測で、東京貨物ターミナルを出発するところを撮影しました。
34
1996年10月22日 9:05 東京貨物ターミナル駅

 こちらは常磐線・千代田線直通用の203系ですが、鶯谷駅での撮影です。
20334
1996年11月29日 12:53 鶯谷駅
203系は普段上野には姿を見せませんが、マヤ34による検測のためにやってきました。編成の真ん中にこのように↓連結されています。
203342

地味な感じの検測車ですが、これらの車両が定期的に走行することで、列車の安全が保たれているわけですね。21世紀の検測車「East i」シリーズも、いろいろな線区で撮影をしていきたいと思っています。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 白昼登場のこの車両 | トップページ | 田町で見るE233系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白昼登場のこの車両 | トップページ | 田町で見るE233系 »