« かなり古そうに見える写真 | トップページ | 中央本線小仏峠での撮影 »

2008年4月26日 (土)

都営バスの新路線「東京→夢の下町」に乗る

 東京都交通局(都営バス)が、本日4月26日より新しい路線「東京→夢の下町」の運行をはじめました。東京駅と両国駅の間を、上野・浅草を経由して結んでいます。

 運行初日の今日、早速東京駅から乗ってみました。降車場所にはすでに専用車両が待機していました。
Img_2318
新車に見えるこの車両、従来のノンステップバスを改造したものだそうですが、外見、車内ともに新車のように新しくなっています。
Img_2317
9時~18時30分の間に、東京・両国駅を毎時00・30分に発車しています。私は11時30分発のバスにのりました。
宣伝が効いているのか、結構利用者がいます。NHKの取材もきていました。乗車の際には、パンフレットのほか、運行初日ということでストラップの記念品ももらえました。

前のり後降り、運賃200円前払い、降車ボタンで知らせる方式は他の都営バスと同じ。もちろん、一日乗車券やPASMO・Suicaも使えます。ただし、停車するバス停は限っており、快速便のような感じです。また、外国からの観光客向けに、日本語のほか、英語・韓国語・中国語の車内放送やパンフレットが用意されています。
Img_2325
もらったパンフレットと記念ストラップ

Img_2320
車内では英語・韓国語・中国語の案内と、映像によるバス停周辺のガイドがあります。

今回は、都合により途中の浅草雷門で下車しました。初日ということで珍しさによる利用もあるでしょうが、今後定着して国内外からの観光客に利用していってほしい路線です。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« かなり古そうに見える写真 | トップページ | 中央本線小仏峠での撮影 »

コメント

下町行きにしては、バスのスタイルは外国仕様
な感じですね。バスにもアコモ車があるんですね。

下町を走るバスとしては台東区が運営している
「めぐりん」がぶらり旅にはぴったですよ。

投稿: モリモリ | 2008年4月27日 (日) 08時25分

確かに外国っぽいデザインですよね。大学教授のデザインだそうで・・・。
「めぐりん」も雷門では目立ってましたよ。両国行きの浅草雷門バス停では、めぐりんとは縦列でならんでいました。

投稿: 管理人/ひで | 2008年4月27日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かなり古そうに見える写真 | トップページ | 中央本線小仏峠での撮影 »