« 【旅行記】台湾旅行2008 | トップページ | 京急蒲田もうひとつの踏切 »

2008年4月12日 (土)

高架工事進む京急蒲田付近

 いつも渋滞のひどい環八通り(環状八号線)の京急蒲田にある踏切。この踏切を含む区間で、5月18日より上り線だけですが高架化されることになりました。下り線はまだしばらく引き続き地上に残るので、踏切自体は廃止されませんが、それでも遮断時間が4割減少するそうです。
(詳しくは京浜急行のウェブサイト→京急トピックスの3月31日の記事を参照)

 そこで、地上時代の上り線を記録するために京急蒲田へ行ってきました。まずは下りホームから、上り線のアプローチ部を見てみました。
Dsc_0103_2
1000形の普通浦賀行きは下り線、そのすぐ隣は現行の上り線、そしてさらにその隣に見えるのが高架線から下りてくる新しい上り線です。

Dsc_0106
横浜方面からの羽田空港行きがやってきました。高架化後は、右の高架線を下りてくるシーンが見られることになります。

次は改札を出て環八の踏切に行ってみました。
Dsc_0122
上りの羽田空港行きです。下り本線を横切って単線の空港線ホームに入らなければならないので信号待ちに引っかかることが多く、この電車もかなりの徐行運転をしています。踏切内で信号停車している列車もありました。踏切待ちのドライバーにしてみればいい迷惑でしょうが、すぐ目の前に台車があるので、間近でブレーキシリンダーの動く様子を見られたりもしました。

ちなみに、ここは直線区間なので列車主体に撮影するとこんな写真が撮れます。
Dsc_0125
望遠で切り取ることもできますが、やはり場所柄ごちゃごちゃした感じになってしまいます。とはいえ、ここで上り列車が撮影できるのもあと1か月くらいということで、地上線時代の記録にはなるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 【旅行記】台湾旅行2008 | トップページ | 京急蒲田もうひとつの踏切 »

コメント

ますます、撮影pointが少なくなりますね。
この間八丁畷から蒲田まで乗った時もかなりの区間工事中で撮れそうな場所がほとんどなかったです。
ここも早めに押さえて置かないといけませんね。
今日は京浜島でアプローチしてくる旅客機を撮ってました。
そろそろ、日焼け対策が必要のようで・・ヒリヒリ

投稿: モリモリ | 2008年4月12日 (土) 19時57分

事業概要によると、都内の区間は最終的には北品川の先から六郷土手まで、ほぼ全区間にわたって高架になるようですから、建物の間を高速ですり抜けるような光景は見られなくなりそうですね。

天気いいと日焼けしちゃいますね。いまからそうだと、8月になったら真っ赤になっちゃいそうです・・・。

投稿: 管理人/ひで | 2008年4月13日 (日) 09時52分

かんりにんさんこんにちは。京急は私もよく乗りますよ。京急蒲田付近高架化ですか。私はそれでいいと思っています。空港線は上下電車が忙しなく発着して、乗り間違いも多く、感心しません。この高架化で上下線のホームが別になって、渋滞緩和とゴジョウ防止に一役買うことになることを期待しています。

投稿: オグリキャップ | 2008年5月20日 (火) 18時18分

確かに京急蒲田の空港線ホームは、慣れない利用者にとってはわかりにくいですよね。趣味的には、両方向からひっきりなしにやってくる電車がとても興味深いことではありますが・・・。
上り線仮高架化で一歩前進といったところでしょうか。

投稿: 管理人/ひで | 2008年5月21日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【旅行記】台湾旅行2008 | トップページ | 京急蒲田もうひとつの踏切 »