« 山手線にホームドア設置のニュース | トップページ | 都電荒川線 路面電車の日イベント »

2008年6月 6日 (金)

流氷の写真で涼をお届け

 今日は梅雨の中休みとでも言いましょうか、東京ではかなり暑くなりました。これからもっと暑くなるのかと思いますが、せめて気分だけでも涼しく・・・というわけで、今日は昨年冬に行った北海道の流氷の写真でもご覧いただきましょうか。
Img_1327
夕暮れ時の流氷地帯を行く紋別の砕氷船「ガリンコ号」。船が通ることによって割れる氷がとても迫力あります。

Img_1348
ガリンコ号乗り場の近くには、病気やけがをしたり、仲間とはぐれてしまったアザラシを野生に返すための訓練をする「とっかりセンターゴマちゃんランド」という施設があります。動物園ではありませんが、中を見学することもできます。しばらくこののんびりとしたゴマちゃんを見て癒されてました。ちなみに、”とっかり”とはアイヌ語でアザラシのことだそうです。

Img_1370
廃線となった名寄本線・湧網線の中湧別駅跡。鉄道資料館となっていますが、冬季閉鎖のため見学することはできませんでした。北海道ではこのような廃線跡や廃駅をよく見かけます。そのたびに、廃線になる前に来てみたかったなと思うのですが、私が自由に旅行に出かけられるようになるのはほとんどが廃止になった後で、かろうじて学生のころ、廃止間近の深名線に乗れたくらいでした。


Img_1286_2
こちらは今でも現役の釧網本線北浜駅。廃線跡をたくさん見ると、一日数本ながらも毎日決まった時刻に列車がやってくるというのはうれしいことなんだなと感じます。

少しは涼しい気分になっていただけたでしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 山手線にホームドア設置のニュース | トップページ | 都電荒川線 路面電車の日イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手線にホームドア設置のニュース | トップページ | 都電荒川線 路面電車の日イベント »