« 夏休みの北海道その1 東京から新潟へ | トップページ | 夏休みの北海道その3 早朝の小樽 »

2008年7月18日 (金)

夏休みの北海道その2 新日本海フェリー

 これから乗る新日本海フェリーは、手ごろな値段で北海道に渡ることができるとして人気の航路です。長距離フェリーというと、”揺れる””船酔いする””退屈”といった、いいイメージを持っていない人もいるかと思いますが、最新のフェリーは揺れに強い装備を持っているし、展望風呂に入ったり、食事やティータイムを楽しんだりできます。確かに時間をもてあましてしまうかもしれませんが、たまにはのんびり海を眺めてこれからの旅行に思いを馳せるのも贅沢なのかもしれません。
 私もこの船旅がとても気に入っていて、新日本海フェリーは今回で5回目の利用になります。過去4回は車での乗船でしたが、今回は初めて徒歩での乗船です。
 運賃はインターネット予約で支払済みなので、予約番号とクレジットカードを提示して乗船券を受け取ります。このあたりは航空機に乗る際のチケットレスサービスと似ていますね。実は過去に一度、乗船券を紛失して買いなおしたことがあり、チケットを持ち歩かなくていいのは便利です。

 出航は10時30分。徒歩利用者は車の同乗者・団体客と共に1時間前の9時30分ごろから乗船開始です。ボーディングブリッジを通って船内の案内所で個室のキーを受け取ります。指定された部屋は5階の538号室。スイートルームの隣の部屋でした。
Dsc_0021
今回利用した特等A個室。シティホテルのツインルームのような造りです。バス・トイレ付きで、ないものといったら冷蔵庫くらいでしょうか。

Dsc_0023
専用のテラスもついています。

放送でドラの音と「蛍の光」が流れるといよいよ小樽に向け出航します。出航後早速、展望風呂に入りました。海を見ながら手足を伸ばして風呂に入るのはこの船旅の大きな楽しみの一つでもあります。

 風呂から出ると、船内放送があり粟島が見えるとのことで、カメラを持って反対側のデッキに行ってみました。ちなみに、今回の部屋は小樽に向かって左側なので、陸地を見るには反対側のデッキに行く必要があります。
Dsc_0051
粟島沖を通過します。

 今日は暇つぶしにDVDソフトを持ってきたので、ノートパソコンで映画を見てくつろぎます。映画が終わればカメラを持って船内探索を。
Dsc_0055
船の一番前はは入れないので、タイタニックごっこはできませんが、船室は「フォワードサロン」があり、これから進む先の様子を見ることができます。ただ、このサロンは飲食禁止なんですが、堂々と酒盛りをする人ばかりでちょっと閉口しました。酒臭くてとても居心地が悪かったです。過去に乗ったときは静かでよかったんですけど・・・。

Dsc_0053
そしてこちらは後ろのデッキから。航跡がまっすぐに伸びています。

 夕食前にもう一度風呂に入ってさっぱりしました。夕食は船内のレストランで。スキー場などでよく見られるカフェテリア方式で、好きなものをとってレジで会計を済ませてから食事をするという仕組みです。料理を選ぶときに少し並びましたが席は十分余裕があり、暗くなりつつある海を見ながら生ビールをいただきました。

 さて、明日の小樽到着は朝の4時30分。1時間前には案内の放送が入るということで、今日は早めに寝ることにします。まあ、私などは明日は電車と飛行機で移動するだけなので眠けりゃ寝てればいいのですが、車で乗っているドライバーは夜更かしすると明日は睡魔と闘わなければならないわけで、この船は夜が早く更けていきました。

(次回の更新は7月22日の予定です)
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 夏休みの北海道その1 東京から新潟へ | トップページ | 夏休みの北海道その3 早朝の小樽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの北海道その1 東京から新潟へ | トップページ | 夏休みの北海道その3 早朝の小樽 »