« 夏休みの北海道その11 礼文島に渡る | トップページ | 夏休みの北海道その13 礼文島の寂しい空港 »

2008年9月 9日 (火)

夏休みの北海道その12 礼文島を歩く

11時前、フェリーで礼文島に着きました。礼文島は南北に細長い島で、フェリーは南側に、今日泊まる民宿は北側にあります。この後は、夕方に出る路線バスで民宿に向かうので、それまでは島南部のハイキングコースを歩いてみることにします。

礼文島は、島の西側は車の走れる道路がなく、車で島を1周することができません。その代わりにというわけでもないでしょうが、ハイキングコースがいくつかあるのです。

今日歩いてみるのは「桃岩展望台コース」です。
フェリーターミナルから、桃岩、猫岩、元地灯台を通り、島南部の道路を回ってフェリーターミナルに戻ります。

コースはそんなに急な登りなどはなく難しいものではないですが、普段運動していないと少しきついかもしれません。それでも、しばらく歩いていると慣れてきます。

しばらくすると、桃岩展望台に着きました。桃岩とは、その名の通り桃のような形をした岩だそうですが、そういわれればそうかなぁというくらいでした。
Dsc_0271

展望台からは、昨日はほとんど雲の中だった利尻山がはっきりと見えました。
Dsc_0274
今日は利尻島もいい天気でしょう。

Dsc_0277
その後もこんな↑道をひたすら歩きます。

Dsc_0282
岬の先端で海の安全を見守る元地灯台

こんな感じでハイキングコースは終わり、島南端の舗装道路に出ました。ここからはバスの路線があるものの、次のバスは夕方までなく、バスで10分かかるところを1時間かけて歩いて戻りました。約10キロのハイキングでした。

|

« 夏休みの北海道その11 礼文島に渡る | トップページ | 夏休みの北海道その13 礼文島の寂しい空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの北海道その11 礼文島に渡る | トップページ | 夏休みの北海道その13 礼文島の寂しい空港 »