« せせらぎ・やまなみの鎌倉臨 | トップページ | SL冬の湿原号 »

2009年1月20日 (火)

架け替え工事中の江ヶ崎跨線橋

「せせらぎ・やまなみ」の団体列車を撮影するポイントに向かう途中、東海道貨物線をまたぐ江ヶ崎跨線橋を通りがかりました。

江ヶ崎跨線橋は、1929年(昭和4年)に新鶴見操車場が完成した際にかけられたそうですが、その前は明治時代に東北本線や常磐線の鉄道橋として使用されており、そこから転用したものだそうです。
すでに100年以上も使用されているこの橋梁ですが、老朽化により架け替え工事がおこなわれています。鉄道橋とはいえ、土木建築に関しての知識は全く持ち合わせていないため、その詳細については他のウェブサイトに譲るとして、景色の中のこの消えゆく橋梁を撮影してみました。Img_2466_2
橋の南側から。下は東海道貨物線が通っており画面右が品川方面・左は横浜方面となります。左側には自転車・歩行者用の仮設橋があります。

Img_2467_2
鉄道橋としては、複線用の橋梁でしたが、車がすれ違うにはやや狭く、また歩道も白線で区切られただけのものでした。架け替えにあたり、現在は車は通行止めとなっていますが、歩行者はまだしばらくは通ることができるようです。

Img_2469
西日に照らされる江ヶ崎跨線橋。新しい橋の完成は2010年度末だそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

|

« せせらぎ・やまなみの鎌倉臨 | トップページ | SL冬の湿原号 »

コメント

横浜-新川崎駅間で横須賀線や湘南新宿ラインに乗っていると、新鶴見操車場の広大な跡地の一部には老人介護センター(だったと思う)などのビルが建っていることに気づきます。新川崎駅の脇にある新鶴見機関区には、除雪用ディーゼル機関車(多分DE15形だと思います)が留置されており、ホームから見ることができます。
江ヶ崎跨線橋ですが、鉄道橋からの転用で100年も使われているというのは凄いと思います。

投稿: 妖精転生 | 2009年1月21日 (水) 19時04分

まだ、新鶴見操車場があったころこのあたりでよく見てましたよ。
今日は、商用で日本橋へ用事も済ませ時計は16:50分、東京駅へは徒歩5分・・・・行かねばなるまい!
社にTEL入れコンデジ片手に10番ホームへ・・・30人位いましたよご同輩!
発車の頃には50人位いましたね。
蒲田で撮ってた時には気づかなかったんですが客車はボロボロですね。パテで補修するでもなく塗装だけしてありますがちょっとね・・・・
もう一回1眼持っていかねば!

投稿: モリモリ | 2009年1月21日 (水) 21時24分

妖精転生さん>そういえば私もだいぶ昔に新鶴見で除雪車を見た記憶がありますが、まだ置いてあるんですね。
あの広い土地は、小学校や病院なんかができていますが、まだ更地の部分も多いですね。

モリモリさん>行ってきましたか!東京駅へ。それにしても、平日なのに50人くらいの撮影者とは、ずいぶんと多く集まったものですね。
実は、2月7日のソロを手に入れようと1か月前出勤前に、みどりの窓口に申し込みして行ったんですが、4番目の受付でもう満席でした。
というわけで、とうとう九州行きのブルトレには一度も乗らずに終わってしまいそうです。

投稿: ひで | 2009年1月22日 (木) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せせらぎ・やまなみの鎌倉臨 | トップページ | SL冬の湿原号 »