« 新潟色のキハ58 | トップページ | 東海道線全通120周年ヘッドマーク »

2009年4月16日 (木)

【本】配線略図で広がる鉄の世界

鉄道趣味のジャンルは撮影・乗車・収集・模型・歴史研究など多岐にわたりますが、「線路配線」もその中の一つに数えられるのではないでしょうか。芸能界での鉄道好きとして知られるかのタモリ氏も、線路マニアであることを公言しており、自身の番組内でも線路配線の蘊蓄を語っています。

そんな線路配線の奥深さを解説する本を見つけました。たまたま見つけたのですが、立ち読みしてみると面白いのでそのまま買ってしまいました。
Img_2510
「配線略図で広がる鉄の世界」

線路配線のパターンやバリエーションを、実際の例に照らして解説しています。また、特徴的な配線のある駅の配線図も興味深く、線路配線がダイヤの設定に大きな影響を及ぼしていることもよくわかります。

ただ、”山手線原宿駅の臨時ホームが近年は使われていない”など、何カ所か誤植や筆者の思い込みと思われる記述があるところが残念なところ。原宿駅の臨時ホームは今年の正月三が日も使われています!

お値段が1800円とやや高めですが、それなりの価値はある本だと思いました。

にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へにほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 新潟色のキハ58 | トップページ | 東海道線全通120周年ヘッドマーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟色のキハ58 | トップページ | 東海道線全通120周年ヘッドマーク »