« 高崎線の夜行列車を撮る | トップページ | 秩父鉄道・フェスタの帰り »

2009年5月18日 (月)

秩父鉄道わくわく鉄道フェスタ

毎年恒例となっている秩父鉄道の車両基地、広瀬川原車両基地の「わくわく鉄道フェスタ」に、今回初めて行ってみました。

熊谷駅を9時40分に発車する会場行き臨時列車に乗ります。この列車には、東急電鉄から譲渡されて運用を開始したばかりの7000系が使用されていました。
Dsc_0878
行き先表示は、この通り「各停広瀬川原」となっています。”広瀬川原”駅は旅客駅ではないため、多くの人がこの珍しい表示を撮影していました。ちなみに各停と表示がありますが、途中駅での旅客扱いはありませんでした。

Dsc_0895
広瀬川原に到着した7000系の臨時列車。このあと、展示のために入れ替え転線します。

会場に到着後、まず目に入ってきたのは電気機関車3両の並び。
Dsc_0888
まずはデキ3両の並びを撮影。次に、1両ずつ撮影してみました。

Dsc_0890
デキ503

Dsc_0889
デキ303

Dsc_0891
デキ103

そして子供たちに人気なのはやはりSL C58。このときはまだすいていましたが、しばらくすると多くの人が集まっていました。
Dsc_0887
もちろん有火状態で展示され、時折汽笛も聞くことができました。煙突などから煙を出したり、蒸気を吹いている様子を見てると、蒸気機関車とは生き物なのだとつくづく思います。

子供たちの人気はSLだけではありません。
Dsc_0899
秩父鉄道のオリジナル”ゆるキャラ”パレオくんとパレナちゃん、そして、埼玉県マスコットのコバトンも来ており、子供たちに囲まれていました。見つけるなり駆け寄って抱きつく子、恐る恐る近づいてみる子、遠くから見ている子、反応は様々でした。

奥のほうには、茶色い機関車デキ101がいました。
Dsc_0898
すでに廃車となっていますが、架線はないもののパンタグラフを上げた状態で、バッテリー給電と思われるヘッドライトの点灯もされた状態で展示されていました。

熊谷からの2本目の臨時列車は、1000系ウグイス色編成が使用されていました。
Dsc_0911
このあとやはり入れ替えのため移動し、続いて寄居からの臨時列車が到着。

Dsc_0914
寄居からの臨時列車が展示のため入れ替え中。何か違和感を感じるなと思ってよく見たら、右側の運行番号表示窓がないのでした。改造先頭車なのでしょう。秩父鉄道では運行番号の表示はしないため省略されたものと思われます。

そして、通勤電車3編成の展示となりました。
Dsc_0928
こうしてみると、ウグイスの1000系は7000系の緑にあわせて用意されたような気がします。

当日は、1000系リバイバルでこんな隠し玉がありました。あいにく私は気付かずスルーしてしまったのですが…。(→ちろさんのブログを参照)

一通り見学して、昼前には会場をあとにしたのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

|

« 高崎線の夜行列車を撮る | トップページ | 秩父鉄道・フェスタの帰り »

コメント

秩父鉄道7000系のうち、右側の運行表示窓がない車両は中間車からの改造で非貫通タイプです。東急から秩父への譲渡といえば、過去にも目蒲線(現:目黒線)で使用されていた7000系が、4両編成のまま2000系として入線した経緯がありますが、すでに廃車、解体となっています。7000系の入線で、元101系である1000系は動向が注目されます。
東急8500系は秩父鉄道と長野電鉄のほか、伊豆急行にも1両(元デハ8723。それ以外は元8000系)が譲渡されており、自分も伊豆急で8000系に乗ったことがあります。

投稿: 妖精転生 | 2009年5月19日 (火) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎線の夜行列車を撮る | トップページ | 秩父鉄道・フェスタの帰り »