« 成田の航空科学博物館 | トップページ | 成田空港第1ターミナルの展望デッキから »

2009年7月 1日 (水)

「乗りつぶし」という遊び

今日から7月。早いもので1年も半分が終わってしまいました。手元にあるのはちょうど2年前の今日発行のこの乗車券。
Img1_2
JR西日本・芸備線の備後落合から三次行きの乗車券です。

鉄道趣味のジャンルの一つに、乗車した鉄道路線を記録して、最終的にすべての路線に乗ろうという「乗りつぶし(乗りつくし)」があります。これを達成したところで、誰に認められるわけでもなく、商品や賞金をもらえるわけでもありません。昔に比べ赤字ローカル線が廃止になり路線の総距離は減っているものの、それでも全国に通っている鉄道をすべて乗るとなるとそれなりにお金と時間がかかります。つまり、達成感と想い出だけが得られるという、大いなる自己満足の“遊び”なわけですが、これがまた面白くて、私も高校の時くらいから意識して始めました。

当然ながら学生の頃はお金などあまりなく、当時は青春18きっぷを使っていろいろな路線を乗ってきました。仕事を始めると、そこそこの収入はあるかわりに時間がないということで、積極的に航空機を利用し遠方の路線にも乗っていました。

だんだん未乗路線が少なくなってきたことと、沿線での観光もしたりして「旅」そのものを楽しむようになってからはペースが落ちましたが、とりあえずJRの全路線乗車を完了する時がきました。その時に利用したのが上の乗車券です。

6月30日に飛行機で出雲へ飛び、その日は乗りつぶしの難しいローカル線の三江線に乗って三次に宿泊。翌7月1日に写真の往復乗車券を購入し、最後の未乗区間となった塩町~備後落合間を往復してJRは全線乗車、自己満足の道楽としては一つの区切りを打ったわけでした。

今後も、新たに開通する路線も早めに乗りたいものです。その後に開通したおおさか東線は昨年夏に乗れましたが、今後生活環境が変わるとなかなか道楽で旅行に行くことも難しくなるでしょう。そう考えると、鉄道趣味というのは、贅沢な趣味なんだなぁと思ったりするんですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

|

« 成田の航空科学博物館 | トップページ | 成田空港第1ターミナルの展望デッキから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田の航空科学博物館 | トップページ | 成田空港第1ターミナルの展望デッキから »