« アフター大糸線はスキーに温泉 | トップページ | 大糸線キハ52撮影記6 »

2010年1月25日 (月)

大糸線キハ52撮影記5

大糸線撮影2日目、道の駅での車中泊でしたがしっかりと準備をしたのでぐっすり眠れました。目隠しのタオルをはずしてみると、窓の外が見えません。びっしりと雪が付いているのです。ドアを開けて外を見てみると一晩でかなり降ったよう。車体にも30センチほど積もっています。

まずは車体の雪を落としてから、平岩駅へと向かいました。Dsc_17921
まだ夜明け前の平岩駅。無人駅で、待合室はあるものの火の気はなくとても冷えます。

Dsc_17941
一番列車が到着する前の平岩駅。

そして、糸魚川からの一番列車が到着しました。Dsc_17981
(420D~)422D 2010年1月10日 6:47 平岩駅
早朝の列車にも関わらず、乗客、それに列車を待ち構える人が大勢集まりました。この列車は平岩で17分停車し、列車番号を変えて南小谷へ向かうため、さながら撮影会のようです。

420Dの発車後すぐに、平岩折り返しの424Dが到着します。この列車はガラガラでした。Dsc_18061
(424D~)421D 2010年1月10日 7:02 平岩駅
折り返しの時間はわずか5分。手早く撮影して発車を見送りました。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

|

« アフター大糸線はスキーに温泉 | トップページ | 大糸線キハ52撮影記6 »

コメント

大糸線のうち、キハ52形が最後の活躍を続ける「大糸北線」に対し、「大糸南線」はE127系や、特急「スーパーあずさ」などがやって来て、南小谷駅でのキハ52形とE351系のツーショットは、まさに“記録はお早めに”でしょうか。
京浜東北線209系最終日の昨日、209系には遭遇しませんでしたが、例の歩道橋にはカメラを持った人が鈴なりでした。同線から209系、そして6扉車が消えるとなればとてもさびしいことです。

投稿: 妖精転生 | 2010年1月25日 (月) 22時24分

京浜東北209系最後の日はかなり人が集まったようですね。ただ、あまりに過熱しすぎるのも考え物ですね。今回だって、混雑により10分ほど遅れるなど定時運行にも影響をだしてしまっていますし。

投稿: ひで | 2010年1月28日 (木) 23時44分

大糸線キハ52大好きです.今年の夏も家族で海水浴釣り
で 心和ませてくれると思いましたが 引退とのこと
残念です.毎年ホテルインターの前を走るキハ52が見れないのは 寂しいですね
子供と部屋の窓から かたこと走るツートン色のキハ52最後に見たかったです
キハ52の家とも言える車庫も新幹線建設で取り壊し
埼玉から車で 遊びに行く楽しみが半減いたしましたが
ラストラン写真で見れてよかったです

投稿: nao | 2010年4月12日 (月) 16時25分

naoさん、写真をご覧いただきありがとうございます。キハ52はいつ置き換えられてもおかしくありませんでしたが、結構遅くまで残って、私たちを楽しませてくれました。
今まで見てきたものがなくなってしまうのは残念ですが、新しい車両にもこれから長く頑張ってほしいものですね。

投稿: ひで | 2010年4月12日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフター大糸線はスキーに温泉 | トップページ | 大糸線キハ52撮影記6 »