« 9/25 高崎線貨物 | トップページ | 9/15厚木基地(その2) »

2011年10月 1日 (土)

さいたま市制10周年ヘッドマーク

大宮・浦和・与野の3市を合併して「さいたま市」が誕生したのが2001年。それから10年が経過し、さいたま市内を走行する京浜東北線・東武野田線・ニューシャトル・埼玉高速鉄道の各線では、ヘッドマークを付けた編成が10月1日から走行しています。

さいたま市が鉄道各社へ協力を依頼する形で実現したそうですが、路線の距離が長い京浜東北線では、さいたま市のヘッドマークが東京を挟んだ横浜市や鎌倉市でも見られることになりました。

今日は午後から、この京浜東北線のヘッドマーク付き編成を狙って撮影してきました。

ヘッドマーク付きの編成はE233系1000番台のトップナンバーであるウラ101編成。初日は21A運用についているそうで、時刻表を見てみると、南行の最終快速である1421Aを撮影できそう。撮影場所は大森駅から蒲田よりの踏切付近にしました。

Dsc_5639
1421A 2011年10月1日 15:56 大森~蒲田

ヘッドマークの拡大です。
Dsc_5641


Dsc_5642

京浜東北線のヘッドマーク取り付けは10月16日までで、それ以降は鉄道博物館で展示されるそうです。

|

« 9/25 高崎線貨物 | トップページ | 9/15厚木基地(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/25 高崎線貨物 | トップページ | 9/15厚木基地(その2) »