« 新玉川線開業35周年記念ヘッドマーク | トップページ | 新鶴見界隈の貨物列車3本 »

2012年5月10日 (木)

開業90周年を迎えた東急池上線

記事の内容は前後して、5月4日に撮影した内容です。

東急池上線は今年で開業90周年を迎えるそうで、これを記念したヘッドマークをつけた編成と、先頭の赤いラインをとってオリジナルの姿を再現した7700系が「クラシックスタイル」として走っています。4日はこれらの列車を撮影してきました。

東急電鉄のホームページでは連休中のクラシック編成の運用が公開されています。TOQiの時もそうでしたが、嬉しいサービスですね。で、ホームページによると連休中は固定運用で早朝出庫して日が暮れるまで五反田~蒲田間を往復する単純な運用。しかも、日中は五反田を毎時29分、蒲田はその30分後の毎時59分に発車するという非常にわかりやすいダイヤとなっています。これなら撮影のチャンスもたくさんありますね。

撮影はまず昼過ぎの五反田行きから。石川台~洗足池間の掘割を行くシーンです。
Dsc_8337_206_2
05112レ 2012年5月4日 12:12 石川台~洗足池
新緑が鮮やかですね。願わくば行き先表示が方向幕だったらなおいいのですが、それは贅沢ですね。

この場所ではこれ1本だけ撮って、次は久が原駅付近に移動しました。
1000系のヘッドマーク編成です。
Dsc_8349_207
10122レ 2012年5月4日 12:35 千鳥町~久が原

ヘッドマークは、最新型7000系と今は懐かしい旧型の3000系を擬人化したかわいらしいデザインです。
Dsc_8350_208

ヘッドマークは7700系にもありました。
Dsc_8354_209
01122レ 2012年5月4日 12:41 千鳥町~久が原


さて、先ほど撮影したクラシックスタイルの7700系が戻ってきました。
Dsc_8366_210
05121レ 2012年5月4日 12:45 久が原~千鳥町

こちらはひし形パンタのままの1000系。
Dsc_8369_211
02122レ 2012年5月4日 12:47 千鳥町~久が原

最新型の7000系はまだ少数派といえそうです。トップナンバーの編成が運用についていました。
Dsc_8371_212
03122レ 2012年5月4日 12:53 千鳥町~久が原

帯ありひし形パンタの7902F。  
Dsc_8373_213
04122レ 2012年5月4日 12:59 千鳥町~久が原

蒲田で折り返してきたクラシック編成をもう一度撮影しました。
Dsc_8380_214
05122レ 2012年5月4日 13:05 千鳥町~久が原

池上線はここまで撮影して終了しました。この編成、まだしばらく走るようなら場所や季節を変えてまた撮影したいものです。

|

« 新玉川線開業35周年記念ヘッドマーク | トップページ | 新鶴見界隈の貨物列車3本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新玉川線開業35周年記念ヘッドマーク | トップページ | 新鶴見界隈の貨物列車3本 »