« 東京メトロ1000系甲種輸送(1107F) | トップページ | 調布飛行場で撮影 »

2013年10月28日 (月)

調布飛行場上空を行く自衛隊機

10月27日、今月最後の日曜日は朝起きてみると、前日の悪天候から一転して台風一過の青空が広がっています。この好天に誘われて、調布飛行場へ小型プロペラ機の撮影をしてきました。

調布飛行場では西側の公園にある、滑走路を見渡せる高台から撮影をすべく準備をしてたら、上空を海上自衛隊のUS-2が飛んでいくのが見えました。やや遅れて、US-1も通過。そういえば今日は朝霞駐屯地で中央観閲式が開催されるのを思い出しました。観閲飛行に参加する航空機が会場へ向かっているようです。

その後は小牧から飛んでいると思われるC-130も3機が北に向かっているのが見えました。

それからしばらく調布飛行場に発着する航空機を撮影していると、観閲飛行を終えた航空機が帰投していきます。

厚木のUS-1とUS-2。
Dsc_5385


カメラでこの2機を追っていくと、今度は後ろから別の航空機の音が聞こえてきました。
振り返るとP-3Cが3機編隊で通過しています。
Dsc_5391
これらの機体は、(空からなら)近くにある厚木に着陸するためか、低空で飛んでいます。

そしてC-130も帰ってきました。
Dsc_5393
こちらは小牧まで遠いためか、高高度を飛んでいます。

はるか遠くには百里のF-15が旋回しているのが見えました。
Dsc_5394
こちらは遠かったため、かなりトリミングしています。

小型の民間機しか飛来しない調布飛行場で、上空を行く自衛隊機を捉えられるとは意外でした。

あ、調布を離着陸する航空機については次の記事で。

|

« 東京メトロ1000系甲種輸送(1107F) | トップページ | 調布飛行場で撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京メトロ1000系甲種輸送(1107F) | トップページ | 調布飛行場で撮影 »