« 三沢基地航空祭 | トップページ | 大師線運用につく京急2000形 »

2016年10月10日 (月)

入間基地での式典予行フライト撮影

入間基地では10月13日に、”日本航空宇宙工業会が主催する2016年国際航空宇宙展の開催に併せて「空軍参謀長等招へい行事」が実施され”るそうです。基地をかかえる入間市のホームページによると、その予行として何日か予行の日程が計画されていますが、予行の実施される10月6日はたまたま平日休みとなりました。そこで、この日は入間基地へ撮影に行ってきました。

車に折り畳み自転車を積んで8時半ごろに出発。予行は15時過ぎからとのことなので、午前中は高崎線あたりで貨物列車の撮影でもして午後から基地に行こうかと思っていましたが、先に基地外周に到着した趣味友さんによると平日にも関わらず大勢の人が集まっており入るスペースも早くに埋まりそうとのこと。なので、まっすぐに基地へと向かうことにしました。

練馬から1区間だけ関越自動車道に乗って所沢で降り、武蔵藤沢駅付近のコインパーキングに車を置いて折り畳み自転車で基地外周の豊岡第一病院前のポイントに向かいます。趣味友さんが場所を確保しておいていただいたおかげで、割といいポイントに入れました。

到着してしばらくは、地元入間所属機ばかり。
D50_2757

D50_2765

D50_2781

最初の外来機はU-125A
D50_2787
午前中はあまり飛ばず、滑走路脇に待機中の消防車も引き上げ昼休みに・・・。

14時過ぎになり、入間の所属機が展示飛行のために続々と上がります。
D50_2831

D50_2835

D50_2840
リモートで参加の小松からのF-15や松島からのF-2も合流して15時から順次基地上空を通過していきます。

そして、15時からCH-47を先頭にローパスのスタートです。D50_2863

D50_2877

D50_2899

D50_2915

D50_2924

D50_2931

D50_2942

D50_2956

D50_2966
ちょっと近すぎて下から見上げるような構図になってしまいましたあせあせ

このあと16時過ぎ、地上展示のC-1FTBとC-2が帰投準備に入り、周りがにわかに慌ただしくなりました。

銀色のC-1を先頭にこちらに向かってきましたぴかぴか(新しい)
D50_3065
銀色で飛び出た角が特徴のC-1FTB
D50_3073
その後ろに続くC-2
D50_3080
C-1と比較して、非常に大きな機体です。

これから日常の光景になるとはいえ、まだあまり目にすることのないその大きな機体の余韻に浸っている間もなく、今度は美保のYSがお帰りに。
D50_3120

最新鋭機が飛んだあとは引退の進む旧型機・・・。美保のYSもあと何回撮影できることやら。

さらにこの後にはF-2も飛ぶようですが、子どもの保育園のお迎え時間のタイムリミットが迫っており、16時半まで待ってみましたが動きがないのであきらめて先に撤収しました。16時50分ごろ、車の車内で戦闘機の爆音が聞こえましたが、そこまでは待っていられないので早目に撤収して正解でした。とはいえ、途中渋滞なんかもあり結局保育園のお迎え予定時刻を10分すぎてしまいましたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

天気もまずまず、趣味友さんとも話もできたし、久しぶりの基地外周を楽しめました。

|

« 三沢基地航空祭 | トップページ | 大師線運用につく京急2000形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三沢基地航空祭 | トップページ | 大師線運用につく京急2000形 »