« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

東武鉄道のSL「大樹」撮影会

東武鉄道では今年の夏から蒸気機関車C11 207牽引するSL列車「大樹」の運転開始を予定しており、PRや準備が進められています。そして、昨年12月の東武ファンフェスタでは事前応募によるSL撮影会が大好評だったことから、今度は事前応募なしで撮影できるSL撮影会が3月26日日曜日に開催されました。

場所は東武ファンフェスタと同じ南栗橋車両管区で。当日は朝からあいにくの天候でしたが私も参加してきました。

南栗橋駅に着いたのは11時ごろ。今回も南栗橋駅からシャトルバスで移動します。会場入りしてまずはSL以外の車両の撮影会場へ。今回の注目はSLの他に、もうすぐ営業運転を始める新型車両500系“リバティ”と70000系です。東武ファンフェスタの時と同様に、1回の定員300名で15分の入れ替え制で、1時間弱の待ち時間で撮影できました。

まずは展示車両の並び。
D50_6441
今回も、撮影時間15分のうち初めは遠い位置から全体の横並びを撮影し、その後車両に近づいて撮影できるよう配慮がなされていました。

向かって一番左にはセイジクリームに復元された8000系の保存編成。
D50_6436

日比谷線直通列車の新旧車両。D50_6444

300系は2006年に特急に格上げされた「急行ゆのさと」のヘッドマークが表示されていました。
D50_6438

現行と最新型の特急車両の並び。
D50_6454
スペーシアはゴールドの日光詣編成が用意されました。

D50_6453
500系“リバティ”だけでもう1枚。

SL撮影会場は別の場所に用意されています。事前応募の当選者による有料試乗会も兼ねています。
D50_6460

この日の編成は、急行「はまなす」で使用されていた元JR北海道の14系2両。その後ろにヨ8000が連結されています。
D50_6461
ちょっと架線柱が多くてすっきりとした編成写真にはなりませんでした。

SLが発車するシーンも撮影したいところでしたが、雨脚も強くなってきたので12時半ごろには会場をあとにしました。

SLの運転が始まり、運転開始当初の賑わいが落ちついたら、リバティを利用して鬼怒川温泉への1泊家族旅行でも行こうかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

首都高速横浜北線トンネルウォーク

本日3月18日16時、首都高速横羽線の生麦と第三京浜の港北を結ぶ横浜北線が開通しました。その1週間前、3月11日には供用前の高速道路を歩ける「トンネルウォーク」というイベントが開催され、参加してきました。

イベントの内容は、2年前の中央環状線開通前のトンネルウォークとほぼ同様で、今回の会場は岸谷生麦出入口と、新横浜出入口の2か所での開催となりました。

私が参加したのは新横浜会場。市営地下鉄の北新横浜駅が最寄りとなります。

D50_6010
入口の電光掲示板には歓迎のメッセージ

D50_6009
横浜北線を歩けるのは今日だけ!

入口車線を歩いて行くと、港北方面と生麦方面とに分岐します。
D50_6012
今回は生麦方面へ。

トンネルに入る前に料金所がありました。
D50_6014

そしてこれが全長5900メートルの横浜北トンネル。
D50_6015

入ったらまず非常口の説明が。
D50_6016

扉を開けると、コンクリートで覆われた細い通路がありました。
D50_6018

車両火災などが発生した場合の散水装置の実演。
D50_6026

今回のイベントで注目だったのが滑り台式の非常口。
D50_6035
横に付けられた緑色のボタンを押すと、電動で扉が開きます。

D50_6036
そこには下に降りられる滑り台が・・・。

D50_6037
非常時にはここを滑り降りて避難します。

今回のイベントでは実際に滑り降りることもできました。
D50_6032
滑り降りた先にはこのような空間があり、非常階段を上って地上に出られるそうです。

これから取り付けられるのであろう標識類。D50_6034

D50_6038
出口車線のスロープから地上にもどりました。

イベントでは他にもスタンプラリーや作業車などの展示もあり、楽しめたイベントでした。今日は天気がよかったので、できればもっと地上区間を歩いてみたい気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

横浜港に来た新日本海フェリー「らべんだあ」

新日本海フェリーの新造船「らべんだあ」が進水し、下関の造船所からの回航途中に横浜港に立ち寄り見学会が開催されました。

船内の見学は事前応募制で見ることはできませんでしたが、通常は新潟や小樽など、日本海側でしか見られないこのフェリーを見てきました。

船首の向こうには氷川丸とマリンタワー、横浜らしい一コマ。
D50_5958

このアングルだと少しだけベイブリッジが入りました。
D50_5961

新しい白い船体に描かれたロゴ。
D50_5964

大さん橋での撮影をしてから、今度は船体の反対側を見られる山下公園まで行ってみました。
D50_5972
ぜひこの新造船に乗って北海道に行ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »