« 1988年リニアエクスプレスの「搭乗券」 | トップページ | コロナと闘う医療従事者の皆さまへ感謝を込めて!都心上空を飛ぶブルーインパルス »

2020年5月20日 (水)

今後が気になる小湊鉄道のキハ200

先日、只見線で使用されていたキハ40形2両が小湊鉄道へ譲渡されました。甲種輸送では原色のEF65 2101が牽引するなど話題となっています。

小湊鉄道といえば、長らく国鉄キハ20形をベースにした自社発注のキハ200形が運用されており、いつでもDMH17系エンジンの音を聞くことができる希少な存在でしたが、いよいよ手を加えられることになるようです。Dsc_0272
2009年3月21日 7:32 光風台~上総山田

始発の五井駅付近には電鍾式踏切もあり、エンジン音と合わせて音も楽しめる路線でもあります。D50_8600
2017年9月10日 15:24 馬立~上総牛久

コロナが収束したら、早いうちに再訪しておきたい路線です。そして、小湊に移籍したキハ40も気になる存在ですね。現在のキハ200はオールロングシート車ですが、譲渡されたキハ40はセミクロスシート車両。そのまま運用されるのであれば、ボックスシートに座ってローカル線の旅を楽しめます。そのほか、塗装は東北色が維持されるのか、キハ200と同様の塗装になるのか、それとも全く新しい塗装になるのか、これはこれで楽しみです。

|

« 1988年リニアエクスプレスの「搭乗券」 | トップページ | コロナと闘う医療従事者の皆さまへ感謝を込めて!都心上空を飛ぶブルーインパルス »

コメント

小湊にボックスシートが導入されれば、旅情が増しますね。今の車両に夏には乗りに行けるかな~

投稿: 大木 | 2020年5月27日 (水) 09時55分

まだ運行開始の情報はないけれど、早く走行シーンを見てみたいものだね。

投稿: ひで | 2020年5月29日 (金) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1988年リニアエクスプレスの「搭乗券」 | トップページ | コロナと闘う医療従事者の皆さまへ感謝を込めて!都心上空を飛ぶブルーインパルス »