カテゴリー「大手私鉄・公営」の記事

2021年5月19日 (水)

小田急ロマンスカーミュージアム見学

2021年4月に海老名駅隣接地にオープンした小田急電鉄の「ロマンスカーミュージアム」、オープン1か月後の5月の平日に見学してきました。

せっかくロマンスカーミュージアムに行くのだから、新宿からロマンスカーに乗って行ってみました。新宿12時10分発のはこね17号です。コロナ禍による輸送力削減なのか、30000形EXE6両編成の列車です。

さて、ロマンスカーと言えば展望席ですが、このEXEには展望席はありません。ただ、非貫通先頭車の一番前の席からは運転席越しに前面展望を楽しむことができるので、この席を予約しておきました。VSEやGSEの展望席は平日といえどもほぼ満席ですが、EXEの最前列は余裕でとれました。
Dsc_1592
海老名駅のコンコースにはロマンスカーミュージアムのオープンを周知するディスプレイが目立ちます。Dsc_1593
ミュージアムは海老名駅の改札を出て左側すぐにあります。予約時間に合わせて行くとまず手の消毒と体温測定。そのあと入場チケット購入となります。

入館して順路に沿って進むと最初に見えてくるのは小田急電鉄の前身、小田原急行鉄道創業時に使われていたモハ1形電車。
Dsc_1595
昭和初期の車両で、サボは右書きとなっています。
Dsc_1597
「稲田登戸」は現在の向ヶ丘遊園駅で、昭和30年に現在の駅名に改称されています。

さらに進んでいくと、いよいよロマンスカーの展示エリアです。
Dsc_1599 Dsc_1602 Dsc_1600 Dsc_1601
昭和を代表するロマンスカー3車種の並びは圧巻です。

一部車両は車内も見学できます。
Dsc_1603
こちらは3000形SE車。

3000形は、更新後に短編成化された”SSE”も展示されています。
Dsc_1607
私にとっては、こちらのほうが馴染みがありますね。

こちらは、平成のロマンスカー。とはいえ、この10000形は昭和末期の1987年の登場でしたが・・・。
Dsc_1606
10000形は、ロマンスカーの特徴ともいえる連接台車もよく見えるように展示されておりとても興味深いです。
Dsc_1610Dsc_1611

そしてミュージアムの展示車両では一番新しい20000形。
Dsc_1609
2階建て車両を2両組み込んだ、今までにないロマンスカーでした。写真では見えにくいですが、2階建て車両も1両だけ展示されています。

鉄道系博物館といえばやはり運転シミュレーター。ロマンスカーミュージアムでも、ロマンスカーのシミュレーターが用意されています。ぜひとも2階運転席からの景色で運転体験をしてみたいものですが、こちらは入場時間ごとの抽選となっており、残念ながら落選となってしまいました。

館内はこのほか小田急沿線を模型で再現した「ジオラマパーク」と、ミュージアムショップやカフェがあり小さい子ども連れでにぎわっていました。

オープン間もなくの訪問でしたが、平日で入場制限もあり、ゆったりと見学できました。小田急の企業博物館という点ではやや物足りない気もしますが、「ロマンスカーミュージアム」という名前だから当然といえばそうなのかもしれません。他の大手私鉄の博物館と比べると、創業からの歴史資料が少なく感じました。

実物車両も充実していて親子で楽しめる博物館です。今後運営していくうえで、展示内容がより充実していくことを期待したいと思います。

| | コメント (2)

2021年3月16日 (火)

DE10牽引の東急2020系甲種輸送

3月16日、この日はレンタサイクルを使って横須賀線内で撮影をしていました。最近は鉄道趣味誌の購読もしておらずすっかり情報に疎くなってしまいましたが、逗子駅から東逗子駅に向かっていたところ、京急逗子線の神武寺駅とJR逗子駅を結ぶ短絡線の踏切に警備員の方が数名待機していました。これは総合車両製作所で落成した新車の甲種輸送があるぞと、そのまま神武寺駅に向かっていたら東急電鉄の2020系がいました。

確か逗子発の甲種輸送は14時過ぎに出発するはず・・・現在時刻は12時30分。もうすぐ牽引機が迎えにくるだろうと思って、踏切付近で待ってみました。

しばらくしてやってきたのは、甲種輸送の牽引機となるDE10 1666号機。D50_1055
この線路は本線上ではないので、入換の扱いでゆっくりとやってきました。

Dsc_1565
警報器も遮断器もない踏切なので、係員が旗をもって交通を遮断しています。そしてその踏切をゆっくりと進んでいくDE10.

D50_1061
トンネルをくぐって神武寺へと向かいます。

それから約10分後、2020系を牽引して戻ってきたDE10。
D50_1066

D50_1071

D50_1078
2020系の編成は2143F。トップナンバーの編成は2121Fですから、もう23編成目ということになるんですね。田園都市線の8500系も早めに撮影しておいたほうがよさそうですね。

| | コメント (2)

2021年1月 2日 (土)

2021年京急大師線干支ヘッドマーク

2021年が始まりました。昨年はコロナに翻弄された1年で、イベントの中止や新幹線・特急列車や航空便の減便など、思うような乗り物趣味を楽しむことができませんでした。

この年末年始も、戦前から始まり戦中・戦後の混乱期を除いて毎年実施されていた鉄道各線の終夜運転も中止され、都営地下鉄大江戸線では運転士の罹患による列車の間引き運転を余儀なくされるなど、先の見えない状況が続いています。収束に向かうまではまだまだ時間がかかりそうですが、私もコロナに対して正しい知識を持って、密にならないよう心掛けつつ、今年も可能な限りの趣味活動を続けて行けたらと思います。

さて、毎年の趣味初めは京急大師線の干支ヘッドマーク列車の撮影から。今年も一般公募で選ばれたデザインのヘッドマークを付けた列車を撮影してきました。なお、コロナ禍においても3が日をはじめとする多客期は大師線は日中6分間隔となる臨時ダイヤで運転されています。まずは小島新田駅付近の踏切。
D50_0722
2021年1月1日 11:06 大師橋~小島新田
そういえば小島新田の隣の駅が「産業道路」から「大師橋」に変更されたのは昨年の3月のことでした。
D50_0750
青色ベースのヘッドマークは、かわいく描かれた牛のイラスト。

D50_0740
2021年1月1日 11:12 大師橋~小島新田
D50_0757
もう一つのデザインは、赤とピンクのチェック柄をベースにしたデザイン。

2種類のヘッドマークを撮れたので、次は場所を移動して港町のS字カーブへ。到着して最初の列車は上下列車が被ってしまい見送り。その次の列車は、うまい具合に並んでくれました。
D50_0767
2021年1月1日 11:35 京急川崎~港町
通過する列車の車内は、やはり例年と比べると乗客は少なめです。

早くに並びが撮れたので、次は下り列車単独で撮りたいと思っていたら、その通りにできました。
D50_0786
2021年1月1日 11:41 京急川崎~港町

もう一つのヘッドマークも、下り列車単独で撮影。
D50_0810
2021年1月1日 11:47 京急川崎~港町

一通りの撮影ができたので、今年最初の鉄道撮影はこれで終了としました。早くマスクをとって、存分に趣味を楽しめるようになってほしいと願うばかりです。

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

京急ミュージアム見学

平日休みを利用して、今年1月にオープンした京急ミュージアムに行ってきました。

オープン直後は混雑が予想されるために事前予約制に、その後もコロナウイルスにより予約制が続いていましたが、9月から先着順となり早く並んで整理券を入手できれば誰でも見学できるようになっています。1日3回の入れ替え制で、今回は昼過ぎの12時30分からの2回目に行きました。

Dsc_1334_01
京急ミュージアムは京急グループ本社の1階にあり、最寄り駅はみなとみらい線の新高島駅ですが、横浜駅から徒歩でも10分ほどで行けます。ミュージアムの展示室はガラス張りで外からも見ることができます。
Dsc_1336_01 Dsc_1335_01

こんな京急電車のオブジェも。
Dsc_1337_01

整理券の配布は12時15分から。配布場所にあるイスは800形から転用した座席だそうです。
Dsc_1300_01 
1回あたりの定員は50人(未就学児含む)で、配布場所の2階エントランスに15分くらい前に着いたら定年退職した元京急運転士の方が軽妙な喋りで説明しているところでした。すでに20人くらい先客がいるもののまだ余裕で入れそうですが、配布時間の頃には定員に達したようです。

 Dsc_1302_01
見学中には2種類の有料体験メニューが用意されています。一つは新1000形の実物運転台によるシミュレーター。もう一つはプラレールの車両に好きなデザインができる「マイ車両工場」。どちらも希望者による抽選で、希望者は抽選券を箱に入れます。もちろん、私はシミュレーターの抽選に参加。そして、入場時刻直前に抽選が行われます。この日は子ども連れの参加者が多く、プラレールのほうは倍率が高いようでしたが、シミュレーターはあまり希望者が多くなかったようで、私も見事当選となりました。
Dsc_1304_01
これがシミュレーションの当選券。 

抽選発表後にいよいよ入場です。エレベーターで展示エリアの1階に下りるとまず目に飛び込んでくるのが、このミュージアムの目玉でもある230形デハ236号の実物車両。
Dsc_1326_01
Dsc_1318_01
かつての京急の駅をイメージしたホームから車内に入ってみます。
レトロな中づり広告やドア上の路線図などで現役当時の様子を再現しています。
Dsc_1306_01
Dsc_1319_01 Dsc_1320_01
ホームと反対側のドアは外側に設置された車掌スイッチでドア開閉体験ができます。このほか、来場者の操作はできませんが公式ホームページの動画によるとパンタグラフの昇降もできるようです。

展示室中央には京急沿線をイメージしたHOゲージの鉄道模型があります。品川や京急蒲田、上大岡など、各駅の特徴をよく捉えられています。
Dsc_1322_01
八ツ山橋をイエローハッピートレインが通過しています。下を走る山手線はE231系。並んで走る都営バスも。この先の品川駅には285系サンライズエクスプレスも停車していました。

京急と言えば羽田空港アクセス。2層式の京急蒲田と合わせて、限られたスペースで上手に再現されています。

Dsc_1311_01

さて、新1000形のシミュレーション当選者は見学時間中に好きなタイミングで参加できます。他の当選者の体験が終わった段階で挑戦してみました。

Dsc_1325_01Dsc_1324_01
難易度に合わせて4つのコースが用意されています。入門コースは子ども向け、上級コースは元運転士の方でも難しいと思うレベルだそうで、今回は初めてなので初級コースを選択。運転区間も選ぶことができます。今回は京急長沢から三崎口までの区間にしました。
基本的な運転操作はわかるので、あとはいかに停止目標にきれいに停めるかでしょう。1駅目はホームの途中で再加速、2駅目はある程度うまく減速できましたが数メートル手前で込め直し(停車直前で緩めたブレーキをもう一度かける→衝動があるので好ましくない)。まあ素人だからこんなものです・・・。
中級コースになると、運転できる距離が長くなるそうなので、次は中級に挑戦してみたいですね。

ミュージアムにはバスのコーナーもあります。カットモデルでは、運転席に座ってドアのスイッチや車内放送ボタンを操作することができます(ただし実際に動くドアはなく、動作音が流れるのみ)。

Dsc_1330_01 Dsc_1331_01
お子さま向けには、降車ボタン押し放題!

一通りの見学を終えて1時間ちょっとで退館しました。関東の大手私鉄で博物館を持っている東武の東武博物館や東急の電車とバスの博物館、京王の京王レールランドと比べると規模が小さいですが、(コロナ禍が終われば)気軽に来れて無料で遊べる人気スポットになるのではないでしょうか。

 

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

渋谷駅工事により運転された相鉄からの直通大崎行き

新型コロナウイルスによる政府の緊急事態宣言が解除され、徐々にですが普段の生活にもどりつつあります。趣味の鉄道や航空機撮影はまさに不要不急の外出そのものであり、3月のサフィール踊り子以降鉄道撮影は自粛しておりますが、ここで一区切りといったところでしょうか。

もちろん、緊急事態宣言が解除されたとはいえコロナの感染が完全に収束したわけではなく、現在でも毎日感染者が報告されている状況ですので、3密は避けマスクを着用するなど、充分な予防策を講じたうえで趣味活動での外出もしていけたらと思います。

さて、本題に。5月29日の終電から6月1日の初電まで、湘南新宿ラインの渋谷駅ホームを山手線ホームと並ぶ位置に移設する工事が実施され、30・31日の2日間は山手貨物線を走行する湘南新宿ライン・埼京線が大崎~新宿間で終日運休となりました。そこで話題になっているのが昨年11月に開業した相鉄・埼京線直通列車。この工事の影響で相鉄線直通列車はすべて大崎駅折り返し運転となります。今回は、午後の空いた時間でこの相鉄からの大崎行き列車を撮影してきました。

まず向かったのは新鶴見付近。いつもならふれあい公園か割畑の富士通前で撮影するところですが、今回は他に撮影者がいなかったので機関区脇の道路から撮影しました。やってきたのは相鉄12000系の大崎行き。
D50_0465
140M 2020年5月31日 13:59 鶴見~新鶴見
相鉄車による大崎行き。ひとまず目的達成です。

あわよくば貨物列車も・・・と思いましたが、日曜日のこの時間帯にやってくる列車はありませんでした。後続の大崎行きも相鉄車です。
D50_0469
242M 2020年5月31日 14:29 鶴見~新鶴見
こちらはトップナンバーの12101Fでした。

2本撮影したところで、今度は特急大崎の表示も撮ってみたいと思い、相鉄線へ向かいます。撮影場所は、直通運転開始時に撮影した二俣川駅付近の歩道橋のポイント。ただし、歩道橋は5~6人の撮影者が集まっていて密状態。通行の妨げにもなりかねないので歩道橋を下りて少し離れたところから撮影します。ここにも1名先客がいましたが、2メートルは離れていてソーシャルディスタンス確保です。

D50_0487
 146M 2020年5月31日 15:56 希望ヶ丘~二俣川
ちょっとガラスが反射してしまいましたが、特急大崎行き。さきほど新鶴見で撮影した242Mと同じ編成です。

E233系の特急大崎行きも撮影しましたが・・・
D50_0517
150M 2020年5月31日 16:35 希望ヶ丘~二俣川
ご覧の通り、LED表示がきれてしまいました。12000系がシャッタースピード1/500で問題なかったので油断してしまいました。これではどこ行きなのかわからないありさま・・・。

せめて側面の表示だけでも・・・と、シャッターを遅くして流してみましたがそれでもダメでしたね。D50_0524
普段はあまりLED表示などは気にせず、編成が撮れればいいというスタンスで撮影していますが、今日はちょっと失敗でした。

まあ、12000系の大崎行きが撮れたからよしとしましょう。

| | コメント (2)

2020年3月29日 (日)

ことでん1300形の京急1000形時代

ことでんの車両の多くが京急からの譲渡車であることは先日の記事でもしるした通りで、京急700形と初代1000形がことでんに譲渡されて、主力車両として活躍しています。(このほかラッシュ時の増結用に旧600形も2両編成2本が現存)

さて、今回のことでん訪問で撮影した車両で、京急時代の写真がないかなと探してみたら・・・見つかりました。
D50_9968
2020年2月23日 8:44 高松築港~瓦町
長尾線用の1305号、奇しくも京急でも同じ車両番号のデハ1305として、晩年は大師線で運用されていました。

大師線時代のデハ1305がこちら。
Dsc_1708
2010年1月1日 14:28 港町~京急川崎
2010年の元旦、大師線恒例の干支ヘッドマーク付きの列車を撮影したものです。この年の6月にはすべての初代1000形が営業運転を終了しています。

見比べてみると、連結器が変更されたほか、運転席床下の機器箱や屋根上の誘導無線アンテナが撤去されていたりなど外観上の変化もありますが、ほぼ原形を保っているのはうれしいですね。ことでんでも、長く活躍してほしいものです。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

仏生山検車区にいた京急塗装の1080形

レトロ電車で仏生山駅に着きましたが、駅のホームから京急時代の塗装を再現した1080形が見えました。その行先表示は、「特急15C 新町」となっています。
D50_0166
ことでんに新町駅なんてあったっけ?いえ、もちろんこれは、京急の検車区のある神奈川新町のことですね。塗装だけでなく、種別や行先、運行番号も京急時代に。さらによく見ると、ことでんでは撤去された運転席屋根上の誘導無線アンテナまで再現されています。ずいぶんと細かいところまで凝ってますね~。この日は非公開の撮影会が実施されていたようで、私もホームからおこぼれにあずかったのでした。

D50_0163
逆側は、種別は見えませんが行先は「品川」でした。

それだけでなく、縦列で停車している長尾線用の1300形も、「通勤快特」の種別表示。D50_0161
今日は沿線で撮影していて、京急塗装の1080形がやってこなくて残念でしたが、これはこれでなかなかいいものを見せてもらえました。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

旧3000系をイメージした東急1000系「緑の電車」

1月1日、午前中で京急大師線の撮影を終えましたが、まだ時間があるのでどこかで撮影していこうと思います。
元旦ではさすがに貨物列車も動いていないだろうし、どうしようかと思ったところで東急の旧3000系をイメージした1000系緑の電車を思い出しました。そこで、充当運用を調べてみると、この日は日没まで多摩川線を往復する運用なので、早速向かいました。

まずは矢口渡付近の踏切から。蒲田行きの電車が、国道1号線の立体交差を越えて地上に下りてくるところを順光で撮れます。
D50_9103
2020年1月1日 12:09 武蔵新田~矢口渡
撮影地に到着後、最初にやってきたのがお目当ての列車でした。東横線90周年の5000系青ガエルのように、形式番号や定員などの表示、「T.K.K」表記などが再現されています。

同じ場所で折り返し多摩川行きまで待ってみます。矢口渡を発車したところを撮影しました。
D50_9109
2020年1月1日 12:21 矢口渡~武蔵新田

さて、東急線といえばステンレス車体に赤帯の電車、というイメージが強いですが、多摩川線・池上線に関しては新7000系と、それに準じた塗装の1000系1500番台が増えてきて、この日の多摩川線では赤帯の1000系は1本だけしか見られませんでした。なので、こちらもしっかりと撮影しておきます。
D50_9115
2020年1月1日 12:27 武蔵新田~矢口渡

このあと沼部付近の線路沿いに場所を移動します。
D50_9128
2020年1月1日 13:04 沼部~鵜の木

D50_9140_01
2020年1月1日 13:22 沼部~鵜の木

2020年の撮り初めはこれで終了。ところで東急の旧3000系は平成初期まで運用されており、私も小学生のころに利用していました。夏休みの東急スタンプラリー(当時のスタンプラリーは、期間中世田谷線以外の全線全駅にスタンプが設置されていた)で池上線や目蒲線のスタンプを集めていた時、冷房のない緑の旧3000系が来たらがっかりしたのも、今となってはいい思い出です。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

京急大師線の干支ヘッドマーク

2020年、令和になって初めてのお正月となりました。しばらく鉄道撮影を休止しており、このブログ更新も1年半ほど休止していましたが、昨年末より再開しましたので、本年もよろしくお願いいたします。

さて、毎年恒例の新年撮り初めは京急大師線から。いつものように港町のS字カーブに行ってみました。最初にやってきたのはヘッドマークのない新1000形。
D50_9036
2020年1月1日 10:34 京急川崎~港町
とりあえず写りを確認。この直後に通過した列車は1500形で、しっかりマークもついています。

D50_9050
2020年1月1日 10:41 京急川崎~港町
毎年この場所ですれ違いを撮ってやろうと粘ったりするものですが、今年はすぐに達成できてしまいました。

今年のヘッドマークはこの2種類。
D50_9082 D50_9044

D50_9079
2020年1月1日 10:47 京急川崎~港町

このあと場所移動します。いつもなら京急川崎駅付近で撮影するところですが、昨年に産業道路と交差する地下化が完成した様子も見てみたくて、小島新田方面へ行ってみました。
小島新田に来るのはいつ以来でしょうか。数年前は工事中で撮影できる場所ではありませんでしたが、今日行ってみたら、工事はまだ終わっていないものの、産業道路の地下トンネルから出てきたところを踏切から撮影できました。

D50_9084
2020年1月1日 11:18 産業道路~小島新田
シーサスを渡って転線してくるシーンもよさそうですが、あいにくこの時間帯は設定がありません。

まだ午前中ですが、2種類のマーク付き列車も撮影できたし、京急の撮影はこれで終了です。

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

相鉄・JR直通列車を撮る(その3)

新川崎駅での撮影の次は、鶴見川の橋梁で撮影します。横須賀線で1駅、武蔵小杉で南武線に乗換え、さらに尻手で浜川崎行きに乗車。八丁畷で降りてゆっくり徒歩で向かいました。

有名撮影地で週末にネタ釜などが来ると大混雑するポイントですが、今日は平日でこれといった列車もないので先客はいません。

D50_8223
2019年12月3日 12:23 新鶴見~鶴見

D50_8227
2019年12月3日 12:29 新鶴見~鶴見

EF210の貨物か~と思っていたら、よく見たら重連です。
D50_8236
2019年12月3日 12:39 新鶴見~鶴見

D50_8240
次位機はHD300ー30号機でした。

D50_8251
2019年12月3日 13:30 新鶴見~鶴見

EF65PFは最近増えてきた原色を撮りたいものですが、やってきたのは更新色、しかも単機でした・・・。D50_8259
2019年12月3日 13:37 新鶴見~鶴見

D50_8268
2019年12月3日 14:00 新鶴見~鶴見

D50_8276
2019年12月3日 14:08 新鶴見~鶴見

本日の撮影はこれで終了。JR線内で見る相鉄12000系、あるいは、大崎以南のJR線と相鉄線内で見るJRE233系7000番台、どちらも見慣れるまで時間がかかりそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧