カテゴリー「オートキャンプ」の記事

2020年9月12日 (土)

8月7~8日 ACNオーキャン宝島

梅雨が明けて急に暑くなりだした8月、前後の週末も含め10日間の夏休みがありました。例年なら、この長期休暇で北海道などへ出かけていましたが、今年はコロナのために遠方への旅行は中止にしました。でもせっかくの休みなので関東エリアでどこかキャンプでも行こうと思って今回出かけたのが「ACNオーキャン宝島」。栃木県の矢板インターからのアクセスで、地図上だと鬼怒川温泉の東側に位置するキャンプ場です。

自宅を7時半ごろに出発し、首都高経由で東北道へ。平日ということで、首都高に乗るまでの一般道で渋滞したほか、首都高でも少し混雑しましたが、その後は順調に流れました。10時半には矢板インターを下り、スーパーで買い物をして11時半ごろにはキャンプ場に着きました。

チェックインは12時ですが、もう準備ができているとのことで少し早めに入らせてもらえました。説明がファイリングされたクリアファイルとゴミ袋2枚を受け取りサイトへ。
Dsc_1174
キャンプ場の受付とテントサイトは若干離れており、この舗装された道路を上った先にサイトがあります。

今回利用する40番サイトはちょうど真ん中に段差があり、サイトレイアウトに悩みます。少し考えた末、サイトの上段にテントとタープを張り、下段は駐車スペースとして利用することにしました。

いつもならタープだけ建てたところで昼食にしますが、今日は時間が早いのでテントも建ててからお昼にします。
Dsc_1170
今回も、前回同様わかめうどん。ただし、汗をかくくらい暑いので今日は冷やしにしています。

サイトレイアウトはこんな感じ。
Dsc_1175
サイトの面積は広いんですが、やはり段差があることで、テントとタープの配置が窮屈になってしまいました。まあ、そんなに不便はないんですけどね。

お腹もいっぱいになったところで、場内を流れる川に行ってみました。きれいな清流が流れているはずなんですが・・・
Dsc_1171
ご覧の通り茶色く濁った流れでした。なんでも、上流で堰堤工事をやっているそうで、キャンプ場の方が申し訳なさそうにお詫びしてくれました。工事はキャンプ場とは関係ないので、キャンプ場のスタッフが詫びることではないのですが、丁寧な対応にこちらも恐縮。

川遊びもそこそこに、こんどはハンモックの広場に行ってみました。
Dsc_1177
ハンモックが5張りほど常設されていて、自由に寝転ぶことができます。木々の緑に囲まれていい気分。

今回もおやつはポップコーン。焚火で作りたいところですが、今日は夜に雨予報で焚火もできなさそうなので、シングルバーナーで簡単に作ります。
Dsc_1176
ガスで作るので、今回は娘に作ってもらいました。火力が強すぎたのか、火の上での揺らし方が足りなかったのか、やや焦げの多いポップコーンとなってしまいました。

今日の夕食はバーベキュー。2人キャンプなので大きいバーベキューコンロではなく、キャプテンスタッグの「カマドスマートグリル」を使用します。炭火を熾したところで猛烈な雨が降ってきました。天気アプリの雨雲レーダーだと、オレンジや赤色で表示されるくらいの大雨です。水はけのよい砂利サイトですがそれでも少し水が溜まってきました。レーダーではこの大雨は一時的なものなので、しばらく我慢して小雨になったらバーベキュースタートです。

スマートグリルは2人ではちょうどいい大きさ。遠赤外線効果で野菜も肉もおいしくいただけます。そうそう、ご飯は手抜きでレンジでチンするパックのご飯にしました。実は新たにライスクッカーを購入したので試してみたいところなんですが、こんな雨なので・・・。ご飯は湯煎にするつもりでしたが、炊事場には電子レンジもあって便利でした。
Dsc_1179
夕食後は受付兼売店でかき氷を食べに行きました。ここでは、朝食用の焼き立てパンの注文も受け付けています。朝食は事前に用意してきましたがせっかくなのでパンとコーヒーを予約しました。

そして、20:30からは予約していた貸切風呂へ。温泉ではありませんが、さっぱりと気持ちのいい風呂でした。

夜も小雨から土砂降りの雨まで断続的降り続くので早めの就寝。その後も雷の鳴る天気でしたが、うちの子はぐっすり寝ていましたね。

 

翌朝、6時ごろに目が覚めたら曇ってはいるものの雨は上がっていました。片付けながら朝食の準備。昨日注文しておいたパンとコーヒーも受取り、おいしくいただきました。日差しがなかったのでテントやタープの乾燥に時間がかかりましたが10時半ごろにはなんとか撤収完了。

帰りは鬼怒川温泉経由で帰りました。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

2020年7月11~12日 ニュー田代オートキャンプ場

7月の週末、山梨県の道志渓谷にあるニュー田代オートキャンプ場に行ってきました。最近はキャンプ人口が増えたのか、どこのキャンプ場も週末の予約がとりづらい傾向にありますが、今回は2日前の電話で無事サイトを確保できました。

朝から雨が気になる中、8時半ごろに自宅を出発し、下道をゆっくり走ってまず着いたのは津久井のダイエー。道志方面に向かうキャンパー御用達で品揃えも充実したスーパーで食材を調達します。道志道を走ること約1時間弱、12時過ぎにニュー田代に到着。

受付でチェックインをしますが、会計担当の方がいないとのことで、料金はあとでサイトまで集金に来るとのこと。今回のサイトはDサイト上段。公式サイトにも最新のキャンプ場ガイドにも掲載のないサイトで、ここ近年に新たに作ったサイトだそうです。サイトに到着してさあ設営を始めようかというところで雨が強く降ってきました。雨雲レーダーだと長い時間は降り続かなそうなので、一旦車内で待機。15分くらいで雨が上がったのでまずはタープを設営。テーブルとシングルバーナーを出して昼食にします。

今日のお昼はわかめトッピングのきしめん。
Dsc_1050
基本的にチェックインしたらキャンプ場の外に出ることはしないので、昼からビールをいただきます。

お腹も落ち着いたところで今度はテントの設営。今回は15年間使ってきたコールマンのスカイルーフドームに代わり購入したBCクロスドームを初めて使用します。初心者向けでサイズは一回り小さくなりますが、そんなに大人数でキャンプに行くことがないことと、設営のしやすさからダウンサイジングしました。


サイトレイアウトはこんな感じ。
Dsc_1061
広いサイトで、父娘の二人キャンプでは持て余してしまうくらい。テント二張りは余裕ですね。そして、画面左のほうにはサイト専用のシンクと生ごみ用のごみ箱があってとても便利。そんなわけで、家から満タンにして持ってきた水タンクもほとんど使いませんでした。

設営がひと段落したところで川へ行ってみました。
Dsc_1055
沢の水が冷たくて心地よいですね。
Dsc_1062
時間が遅くなりそうなのでしませんでしたが、釣りもできます。川の一部をせき止めていて、釣り堀っぽくない本格的な渓流釣りの雰囲気を楽しめます。

サイトに戻る途中で薪を購入。最近値上げしたそうですが、400円でかごに入るだけ持ち帰ります。そして早速火を起こしておやつのポップコーンづくり。
Dsc_1059
ポップコーンを食べたら夕食の準備。メニューは定番のカレーライス。じゃがいもとにんじんは前日に自宅で皮むきとカットをしてきたので、ここではダイエーで買った肉と煮るだけ。カレーができたところで今度はご飯を炊きます。

Dsc_1064
飯盒で炊いたご飯がいつもよりおいしく感じるのはなんででしょうかね~?暗くなってきたので、ガソリンランタンも点火して夕食です。
Dsc_1065_20200719231501
簡単でもいいから汁物も用意しておけばよかったかな。

ここのキャンプ場には無料で使えるシャワー室もあって、さっぱりすることができます。娘はまだ一人では風呂に入れる年齢ではないものの、男湯に入るのは嫌がるお年頃。なので、このキャンプ場を選んだのはシャワー室があることが理由でもあります。シャワー室は子どもとはいえ二人だとちょっと狭いですが無料でこれだけの施設があるのはありがたいことです。

夜は花火もやって、21時ごろには就寝です。23時ごろには雷も鳴る雨が降ってきました。いざとなったら車に避難することも考えましたが、ピカッと光るものの音は遠くで鳴っているので危険はなさそうです。しばらくすると雨も雷も止みましたが、しばらくは寝付けなかったですね。

翌朝は雨も上がって薄日もさしてきました。5時ごろに目が覚めたらまずタープとテントについた水滴を落とします。この天気なら、撤収作業の時には乾いていることでしょう。

朝食は食パンとシャウエッセン。自宅での朝食とそんなにかわりません。Dsc_1074
お湯を沸かしてホットコーヒー。娘にはコーンスープを。

撤収作業は、新しいテントのフライシートをたたむのに少し手間取りましたがチェックアウト時間には余裕で間に合いました。10時半にキャンプ場をあとにし、道の駅で少し早めのお昼を食べて帰りました。
Dsc_1075

| | コメント (0)