カテゴリー「鉄道」の記事

2021年5月19日 (水)

小田急ロマンスカーミュージアム見学

2021年4月に海老名駅隣接地にオープンした小田急電鉄の「ロマンスカーミュージアム」、オープン1か月後の5月の平日に見学してきました。

せっかくロマンスカーミュージアムに行くのだから、新宿からロマンスカーに乗って行ってみました。新宿12時10分発のはこね17号です。コロナ禍による輸送力削減なのか、30000形EXE6両編成の列車です。

さて、ロマンスカーと言えば展望席ですが、このEXEには展望席はありません。ただ、非貫通先頭車の一番前の席からは運転席越しに前面展望を楽しむことができるので、この席を予約しておきました。VSEやGSEの展望席は平日といえどもほぼ満席ですが、EXEの最前列は余裕でとれました。
Dsc_1592
海老名駅のコンコースにはロマンスカーミュージアムのオープンを周知するディスプレイが目立ちます。Dsc_1593
ミュージアムは海老名駅の改札を出て左側すぐにあります。予約時間に合わせて行くとまず手の消毒と体温測定。そのあと入場チケット購入となります。

入館して順路に沿って進むと最初に見えてくるのは小田急電鉄の前身、小田原急行鉄道創業時に使われていたモハ1形電車。
Dsc_1595
昭和初期の車両で、サボは右書きとなっています。
Dsc_1597
「稲田登戸」は現在の向ヶ丘遊園駅で、昭和30年に現在の駅名に改称されています。

さらに進んでいくと、いよいよロマンスカーの展示エリアです。
Dsc_1599 Dsc_1602 Dsc_1600 Dsc_1601
昭和を代表するロマンスカー3車種の並びは圧巻です。

一部車両は車内も見学できます。
Dsc_1603
こちらは3000形SE車。

3000形は、更新後に短編成化された”SSE”も展示されています。
Dsc_1607
私にとっては、こちらのほうが馴染みがありますね。

こちらは、平成のロマンスカー。とはいえ、この10000形は昭和末期の1987年の登場でしたが・・・。
Dsc_1606
10000形は、ロマンスカーの特徴ともいえる連接台車もよく見えるように展示されておりとても興味深いです。
Dsc_1610Dsc_1611

そしてミュージアムの展示車両では一番新しい20000形。
Dsc_1609
2階建て車両を2両組み込んだ、今までにないロマンスカーでした。写真では見えにくいですが、2階建て車両も1両だけ展示されています。

鉄道系博物館といえばやはり運転シミュレーター。ロマンスカーミュージアムでも、ロマンスカーのシミュレーターが用意されています。ぜひとも2階運転席からの景色で運転体験をしてみたいものですが、こちらは入場時間ごとの抽選となっており、残念ながら落選となってしまいました。

館内はこのほか小田急沿線を模型で再現した「ジオラマパーク」と、ミュージアムショップやカフェがあり小さい子ども連れでにぎわっていました。

オープン間もなくの訪問でしたが、平日で入場制限もあり、ゆったりと見学できました。小田急の企業博物館という点ではやや物足りない気もしますが、「ロマンスカーミュージアム」という名前だから当然といえばそうなのかもしれません。他の大手私鉄の博物館と比べると、創業からの歴史資料が少なく感じました。

実物車両も充実していて親子で楽しめる博物館です。今後運営していくうえで、展示内容がより充実していくことを期待したいと思います。

| | コメント (2)

2021年4月29日 (木)

横須賀線E217系を撮る(2)

3月16日の、横須賀線撮影の続きです。

シェアサイクルを利用して大船から逗子方面へと撮影しながら移動してきました。鎌倉駅を過ぎて、線路沿いの道を走っていたら上り坂となり、線路を俯瞰できる位置まで来ました。画になりそうな感じがしたので、ここで下り列車1本撮影してみました。D50_1023
813S 2021年3月16日 11:27 鎌倉~逗子
やってきたのはE235系。横須賀線のE235系は初撮影となりました。この場所、右側の資材置場がやや気になりますが、15両編成を見下ろせるなかなかいいポイントと思いましたがいかがでしょうか。

撮影ポイントから先へ進むと道が細くなり、ハイキングコースで自転車では進めないようなので一旦引き返し、県道のトンネルを経由して逗子へ向かいます。

次のポイントはトンネルを抜けて逗子駅へむかう途中の短い直線区間。車の通れない小さい踏切からの撮影です。D50_1026
925S 2021年3月16日 11:39 鎌倉~逗子
先ほど俯瞰で撮影した列車の後続ですが、2本続けてE235系でした。順光で撮れるいいポイントなので、もう1本撮影していきます。

D50_1040
2539Y 2021年3月16日 11:48 鎌倉~逗子
次の列車は湘南新宿ラインのE231系でした。今日はE217系を撮影するために来たので、もう1本待ちます。

D50_1050
1005S 2021年3月16日 11:56 鎌倉~逗子
さすがに15両編成は長く、前に撮影した2本と比べやや引き気味での撮影です。

さて、横須賀線といえば11両15両といった長編成のイメージですが、逗子~久里浜間の列車は付属編成だけの4両編成グリーン車なしの列車も存在します。E217系を撮影するならこの4両編成の列車も撮影しておきたいものです。逗子駅からさらに東逗子駅方面へ自転車を走らせました。その途中で、東急2020系の甲種輸送を撮影したのは以前の記事の通りです。

逗子第一運動公園の、京急旧600形デハ601が保存されている場所の近くの踏切からの撮影です。D50_1089
1228S 2021年3月16日 13:03 東逗子~逗子
ここでの列車は11両編成でした。

その後、東逗子を通り過ぎて撮影ポイントを探してみましたが、ちょっとした峠越えの道となり線路に並行する道路もないので逗子方面に戻ります。

このあとやってくる久里浜行きは4両編成。先ほど撮影した踏切から少し場所を変えての撮影です。D50_1096
1329H 2021年3月16日 13:37 逗子~東逗子

その後、踏切に戻って4両編成の上り列車を撮影。
D50_1106
1360H 2021年3月16日 13:42 東逗子~逗子

本日の目的も達成し、撮影はこれで終了。逗子駅付近のサイクルポートで自転車を返却して帰りました。

| | コメント (2)

2021年4月18日 (日)

横須賀線E217系を撮る(1)

横須賀線では最新鋭のE235系が営業運転を開始し、徐々に勢力を拡大しています。そうなると、今後気になるのが今まで横須賀・総武快速線系統で一大勢力を誇ってきたE217系。2021年4月現在ではまだまだE235系のほうが少数派ですが、数年のうちに置き換えが完了することでしょう。

ところで、最近では鉄道写真を撮影するために列車運行を妨害したり、私有地を荒らしたりする犯罪まがい・・・いや、犯罪そのものをする撮り鉄が社会問題となっています。鉄道撮影を趣味とする私にしてみれば、同じ「撮り鉄」と一括りにされるのは残念ですが、世間一般から見たらそれもやむを得ないことなのかと思います。コロナ禍でもありますし、私自身も極力人の集まる場所での撮影を避けてきましたが、週末に、注目を集める列車となるとなかなか撮影できなくなってしまいます。そこで、今後注目を集めるであろうE217系を、まだ多数派であるうちに平日休みで集中して撮影してきました。

春らしい陽気となった3月16日、大船駅に到着しました。今日はいわゆる”シェアサイクル”を利用して、横須賀線の大船以南の区間で撮影します。最寄りのシェアサイクルのポートは湘南モノレールの富士見町駅付近にありました。スマートフォンで会員登録し、すぐに利用できます。

まずは北鎌倉駅の大船寄りのカーブで撮影しました。
D50_1001
889S 2021年3月16日 10:17 大船~北鎌倉

続いては、そのまま北鎌倉駅を通り過ぎた踏切付近で。
D50_1007
855S 2021年3月16日 10:37 北鎌倉~鎌倉
15両編成がきれいに写るポイントです。

さらに進んで、北鎌倉と鎌倉のちょうど中間点のあたり、古いトンネルを出てくるポイントで撮影します。D50_1013
1054S 2021年3月16日 10:59 鎌倉~北鎌倉

D50_1016
935S 2021年3月16日 11:00 北鎌倉~鎌倉

D50_1021
935S 2021年3月16日 11:00 北鎌倉~鎌倉

このあとも撮影を続けますが、続きは次回の記事で。

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

DE10牽引の東急2020系甲種輸送

3月16日、この日はレンタサイクルを使って横須賀線内で撮影をしていました。最近は鉄道趣味誌の購読もしておらずすっかり情報に疎くなってしまいましたが、逗子駅から東逗子駅に向かっていたところ、京急逗子線の神武寺駅とJR逗子駅を結ぶ短絡線の踏切に警備員の方が数名待機していました。これは総合車両製作所で落成した新車の甲種輸送があるぞと、そのまま神武寺駅に向かっていたら東急電鉄の2020系がいました。

確か逗子発の甲種輸送は14時過ぎに出発するはず・・・現在時刻は12時30分。もうすぐ牽引機が迎えにくるだろうと思って、踏切付近で待ってみました。

しばらくしてやってきたのは、甲種輸送の牽引機となるDE10 1666号機。D50_1055
この線路は本線上ではないので、入換の扱いでゆっくりとやってきました。

Dsc_1565
警報器も遮断器もない踏切なので、係員が旗をもって交通を遮断しています。そしてその踏切をゆっくりと進んでいくDE10.

D50_1061
トンネルをくぐって神武寺へと向かいます。

それから約10分後、2020系を牽引して戻ってきたDE10。
D50_1066

D50_1071

D50_1078
2020系の編成は2143F。トップナンバーの編成は2121Fですから、もう23編成目ということになるんですね。田園都市線の8500系も早めに撮影しておいたほうがよさそうですね。

| | コメント (2)

2021年1月25日 (月)

「ムーンライトながら」ついに運転終了

2021年1月、東京~大垣間を結ぶ夜行快速列車「ムーンライトながら」の運転終了が発表されました。

かつては全車両自由席の普通列車、通称「大垣夜行」として運転され、165系車両が373系に置き換えられるタイミングで全車指定席の「ムーンライトながら」という列車名が付与されたのは1996年のことでした。

私も平成の初め頃、高校生の頃に初めて165系375M時代の大垣夜行に乗ったことを思い出します。20時過ぎごろ、東京駅で待ち合わせをして当時の友人と夜行日帰りで大阪へ行ったのでした。東京駅から大垣夜行に乗ったのは後にも先にもこの1回限りで、その後何度も大垣夜行を利用していますが、私が利用するのは多客シーズンで臨時9375Mが運転される時期なので、いつも品川始発となっていました。

18きっぷ使用可能期間はいつも混雑するイメージがありましたが、いつだったかの年の1月、平日に利用したら意外にもガラガラで、1ボックス当たり2人ほど、向かいの座席に足を投げ出してゆったりと乗れたこともありました。

ムーンライトながらに変わった後も、はじめのうちはそれほど指定席の入手も困難ではなく、大垣夜行のころと変わらずに利用していました。仕事を始めた以後は青春18きっぷを利用する機会は減りましたが、夏休みの長期休暇で行く旅行ではおつまみと缶チューハイを用意して夜の景色を見ながら飲むという新たな楽しみもできました。

2004年に「愛・地球博(愛知万博)」が開催されたときは、青春18きっぷが使える期間ではありませんでしたが当時お付き合いしていた彼女と一緒にムーンライトながらに乗って、朝イチから万博を楽しんだのもいい思い出です。

2009年からは臨時列車となりましたが、年々運転日数が減らされ、このままフェードアウトするように廃止されるのかなと思っていたところへ昨年のコロナ禍。蜜を避けるために運転されない状況が1年続いていましたが、ついに廃止となってしまいました。

165
写真は、上り大垣夜行で東京駅に到着し、折り返し静岡行きとして発車する前の165系です。373系の置き換えが迫っている時期で、特別にヘッドマークが付けられています。

「ムーンライトながら」の廃止は鉄道趣味を楽しむものとしてはとても残念なことではありますが、夜行バスや格安航空券・航空会社の充実など、取り巻く環境は変化してきました。また、近年では指定券の転売や1人で2席や4席購入するなど利用者のモラルも問われるような状況において、廃止はやむを得ない判断なのでしょう。

夜行列車で旅立つあのワクワク感は、もう味わうことはできなくなるんでしょうね・・・。

| | コメント (2)

2021年1月23日 (土)

伊豆箱根鉄道駿豆線での撮影(3)

次の下り踊り子13号は、駿豆線でも一番の有名撮影地である三島二日町~大場間のポイントで撮影します。有名撮影地だけあって、平日ですがすでに7名ほどの先客がいます。早速準備して、やってきた上り列車から撮影。D50_0914
66レ 2021年1月7日 13:39 大場~三島二日町
このあと、お目当ての踊り子13号が来るはずですが、時間になっても踊り子はやってきません。今日は風が強いので遅れているのだろうと思って運行状況を確認したら、東海道線内で架線に異物が飛んできたとのことで、踊り子13号は平塚で抑止とのこと。今後の状況がまだ見通せないので、しばらくこのまま待ってみます。
D50_0922
67レ 2021年1月7日 14:01 三島二日町~大場

しばらくして運転再開の情報が入りましたが、このままの遅れだと帰りの時間に間に合わないのでここでの撮影は諦めることに。ただ、そのまま帰るには早すぎるので、せっかく1日乗車券もあることだし一度修善寺まで行ってみました。本来の予定では、帰りは修善寺から上りの踊り子に三島まで乗る予定でしたが、大幅遅れの踊り子13号は熱海で運転打ち切りになったとのこと。ちょっと物足りない結果になってしまいました。

さて、修善寺からは「踊り子」に代わり普通列車で三島まで戻ります。乗った車両は3000系。Dsc_1479
車内の座席配置はJRの113系とほぼ同様。ボックスシートに座ってしばしの昔ながらの列車の旅を楽しめました。三島からは新幹線で帰宅です。

今回初めて駿豆線での撮影を楽しんできました。駿豆線では今回は撮影できなかった西武鉄道時代の塗装や緑の軌道線塗装編成があるので、またの機会に撮影したい路線です。

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

伊豆箱根鉄道駿豆線での撮影(2)

富士山の見える原木~韮山間の直線区間で「踊り子」を撮影したあと、今度はその折り返しとなる上りの「踊り子」を撮影するために移動します。

全体的に南北に延びる路線なので、上り列車は逆光となってしまいますが大仁~牧之郷間では大きくカーブし東西方向に線路が伸びるため、ここなら上り列車も順光で撮れそうです。韮山から下り列車で移動し、牧之郷から三島方面に戻るように歩いたところにある踏切が撮影ポイントです。近くにはドラッグストアがあるので、パンなどの食料を買っておきました。

早速やってきた上り列車から撮影。
D50_0883
56レ 2021年1月7日 11:48 牧之郷~大仁
側面の日当たりはばっちりなんですが、正面はまだ影になっています。「踊り子」通過までにもう少し太陽が動いてくれたらいいんですが・・・。

D50_0889
58レ 2021年1月7日 12:05

D50_0895
60レ 2021年1月7日 12:22

D50_0899
53レ 2021年1月7日 12:27 大仁~牧之郷

さて、いよいよ次の列車が「踊り子」です。この場所に到着してから約40分、かなり太陽は動いていましたが、まだ正面に日が当たるほどではありませんでした。
D50_0902
4028レ 踊り子8号 2021年1月7日 12:37 牧之郷~大仁
あと30分~1時間くらいしたら順光になっていたかもしれないですね。ところで、最近では日中でもヘッドライト点灯が一般的になる中で、伊豆箱根鉄道では日中のヘッドライトは消灯しています。細かいことですが国鉄時代を彷彿させるといえるでしょうか。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

伊豆箱根鉄道駿豆線での撮影(1)

辻堂駅で185系・215系のライナー列車を撮影した後、伊豆箱根鉄道駿豆線で踊り子号の修善寺編成を撮影するため東海道線の下り列車に乗ります。時間に余裕があるので、普通列車のグリーン車を利用して熱海乗換で三島まで来ました。

駿豆線で「踊り子」を撮影するなら、臨時列車が運転される週末のほうが効率的な撮影ができますが、引退がせまった今の時期だと、週末の撮影地は混雑し密状態にもなりかねないので、あえて平日に撮影することにしたのです。

三島では、今日1日で複数回駿豆線に乗るため一日乗車券を購入。一部のバス路線にも乗れますが、電車だけでも充分にお得なきっぷです。Dsc_1478

さて、まずは最初の撮影ポイントである原木~韮山間の直線区間へ。
D50_0864
41レ 2021年1月7日 10:36 原木~韮山
D50_0867
46レ 2021年1月7日 10:39 韮山~原木
西武鉄道からの譲渡車である1300系1302編成。期間限定で「謹賀新年2021」のヘッドマークが装着されています。

こちらは、7000系第二編成の「ラブライブサンシャイン」ラッピング編成。 D50_0874
43レ 2021年1月7日 10:47 原木~韮山

そして、今回お目当ての185系C編成単独運転の修善寺行き踊り子号。
D50_0878
4023レ 踊り子3号 2021年1月7日 10:53 原木~韮山
画面左には富士山もしっかり入ってくれました。冬なのに、山頂付近の雪が少ないですね。

このあと、場所を変えて上りの踊り子を撮影します。

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

辻堂駅で「湘南ライナー」を撮る

いよいよ2か月後にせまった185系の定期運用からの撤退、1月7日は平日休みがとれたので、185系で運転される列車を撮影してきました。

昨秋に発表された2021年3月のダイヤ改正では、185系の引退が発表されましたが、同時に特急「湘南」の運転開始も発表され、「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」については運転終了することになりました。まずは平日限定となるこれらのライナー列車から撮影します。

武蔵小杉から乗った横須賀線は、昨年12月21日から運転開始したばかりのE235系でした。戸塚で東海道線に乗換えて辻堂へ。ライナー列車は辻堂駅のホーム平塚寄りで撮影します。できれば駅間で撮影したかったのですが、そのあとの予定もあるので今回は駅撮りとします。

撮影準備後、早速やってきたのは215系のおはようライナー新宿。
D50_0821
3454M おはようライナー新宿24号 2021年1月7日 7:41 辻堂駅
185系と同様、湘南ライナーの運転終了により215系も定期運用がなくなります。今後の動きが気になります。

それから15分後、今度は湘南ライナーの215系。
D50_0827
3728M 湘南ライナー8号 2021年1月7日 7:56 辻堂駅

だんだん陽が上ってきましたが、シャッターを切りたい場所はまだ日陰のまま。そこで、念のため持ってきておいた航空機撮影で使う500mmのズームレンズを使用して陽の当たったところで撮影してみました。
D50_0835
3456M おはようライナー新宿26号 2021年1月7日 8:02 辻堂駅
正面がちとなるので縦構図でトリミング。

D50_0840

後続の湘南ライナーも同様に・・・。
D50_0851
3454M 湘南ライナー10号 2021年1月7日 8:23 辻堂駅


D50_0857
ライナー列車の撮影はここまでで終了です。このあと旅客線を走って辻堂にも停車する湘南ライナー12号がありますが、ここでの旅客線上りは撮影に適した場所ではないので見送って下り列車の熱海行きに乗りました。

このあと別の場所に移動しますが、続きは次回に。

 

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

2021年京急大師線干支ヘッドマーク

2021年が始まりました。昨年はコロナに翻弄された1年で、イベントの中止や新幹線・特急列車や航空便の減便など、思うような乗り物趣味を楽しむことができませんでした。

この年末年始も、戦前から始まり戦中・戦後の混乱期を除いて毎年実施されていた鉄道各線の終夜運転も中止され、都営地下鉄大江戸線では運転士の罹患による列車の間引き運転を余儀なくされるなど、先の見えない状況が続いています。収束に向かうまではまだまだ時間がかかりそうですが、私もコロナに対して正しい知識を持って、密にならないよう心掛けつつ、今年も可能な限りの趣味活動を続けて行けたらと思います。

さて、毎年の趣味初めは京急大師線の干支ヘッドマーク列車の撮影から。今年も一般公募で選ばれたデザインのヘッドマークを付けた列車を撮影してきました。なお、コロナ禍においても3が日をはじめとする多客期は大師線は日中6分間隔となる臨時ダイヤで運転されています。まずは小島新田駅付近の踏切。
D50_0722
2021年1月1日 11:06 大師橋~小島新田
そういえば小島新田の隣の駅が「産業道路」から「大師橋」に変更されたのは昨年の3月のことでした。
D50_0750
青色ベースのヘッドマークは、かわいく描かれた牛のイラスト。

D50_0740
2021年1月1日 11:12 大師橋~小島新田
D50_0757
もう一つのデザインは、赤とピンクのチェック柄をベースにしたデザイン。

2種類のヘッドマークを撮れたので、次は場所を移動して港町のS字カーブへ。到着して最初の列車は上下列車が被ってしまい見送り。その次の列車は、うまい具合に並んでくれました。
D50_0767
2021年1月1日 11:35 京急川崎~港町
通過する列車の車内は、やはり例年と比べると乗客は少なめです。

早くに並びが撮れたので、次は下り列車単独で撮りたいと思っていたら、その通りにできました。
D50_0786
2021年1月1日 11:41 京急川崎~港町

もう一つのヘッドマークも、下り列車単独で撮影。
D50_0810
2021年1月1日 11:47 京急川崎~港町

一通りの撮影ができたので、今年最初の鉄道撮影はこれで終了としました。早くマスクをとって、存分に趣味を楽しめるようになってほしいと願うばかりです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧