カテゴリー「おすすめお出かけスポット」の記事

2011年11月 9日 (水)

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた

先月、今年9月3日にオープンした「藤子・F・不二雄ミュージアム」に行ってきました。利用者がゆっくりと見られるように、入場時間を1日4回に設定して、入場者数を限定した完全予約制となっています。

今回は、平日休みの10月26日水曜日に12時からの入場予約をとって出かけました。ミュージアムへは登戸駅からシャトルバスで10分ほど。シャトルバスは川崎市営バスが専用の車両で運行しています。
Dscf0847
バスのナンバーは希望ナンバーで「2112」。これはドラえもんが誕生した年なんですね。上の写真のバスは満員になったので、後続のバスに乗りました。白い車体でオバケのQ太郎がデザインされています。Dscf0849
Dscf0850
降車用ブザーボタンにもオバQが…。

バスでミュージアムに着くと、平日だというのに入場のための行列ができています。館内の展示を見学する際に使う音声ガイドの貸し出しと説明を受けるための列のようです。

音声ガイドを受け取って展示エリアへ。展示エリアは撮影禁止で、ネタばれにならないよう詳細は書きませんが、藤子・F・不二雄氏の作品や漫画のできるまでなど、興味深い展示が並んでいます。

展示エリア以外では撮影は自由にできます。まず目を引くのは、“きこりの泉”から出てきたきれいなジャイアン。わからない人は、Wikiで調べてみよう!Dscf0851

Dscf0856
映画のドラえもんで登場した「ピー助」に乗るドラえもんとのび太。

Nec_0150_2
空き地の土管と、散歩するドラえもん。近くにはどこでもドアがあります。

Nec_0153
こちらは、昼寝するパーマンとブービー。

館内には、漫画を自由に読めるスペースがあります。ご覧の通り、ドラえもんも好物のどら焼きを食べながら「ドラえもん」を読んでいます。
Nec_0154

この漫画本、ただのオブジェだと思ったあなた!

よく見たら、ほんとに漫画になっているんです。
Nec_0156

こんなところまで丁寧に作ってあるんですね~。

お土産にはアンキパンを…。
Dscf0852


Dscf0853
これ、子供の時欲しいなと思ったんですよね。大人になってようやく手に入れることができましたcoldsweats01

入場時間を指定して入場しますが、入れ替え制ではないので閉館までいることもできます。この日は夕方までじっくりと楽しんできました。子供のころを思い出せる、楽しいミュージアムでした。

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

キリンビール工場見学に行ってきた

小学校の頃、授業の一環として出かける社会科見学。普段入れない工場などの中を見られるので楽しみでした。こういった企業施設の見学は、団体だけでなく個人でも受け入れているところが多く、私も以前に羽田にあるANA機体メンテナンスセンターを見学したことがありました。

今回は、乗り物を離れてキリンビール横浜工場の見学に行ってきました。最寄駅は京急の生麦駅。駅から国道15号にでて東神奈川方面に向かうと左手一帯がキリンビールの横浜工場です。そのまま進み国道と高島貨物線が交差する手前に見学者用の入口がありました。
Dscf0680

受付を済ませると試飲用の引換券と案内が渡され、11時から見学ツアーのスタートです。参加した回は私たちのほかに6名、計8名で移動します。女性社員さんの案内で、まずはキリンビールの短いイメージビデオを見た後、製造ラインへと進みます。

とはいっても、最初の工程はタンクでの蒸留や貯蔵、発酵といったタンク内で寝かせておくようなものなので見た目にはあまりわかりにくく、ビデオやパネルで説明を聞きます。

工場らしいところはできたビールを缶や樽に詰める工程。ベルトコンベアに並んだ容器に次々とビールを詰めるところは動きがはやく、350mm缶なら1分間に2000本も詰めることができるそうです。

最後はキリンビールの歴史の勉強。記念デザイン缶も並んでいます。乗り物関係では、秋田新幹線開業や関西国際空港開港記念などがあったほか、ローカルものでは磐越西線のSLや、松浦鉄道開業、仙石線開業60周年といったものまでありました。仙石線については、沿線にキリンビールの仙台工場がある縁からかな?

最後はお楽しみの試飲コーナーへ。時間は20分、ソフトドリンクを含め3杯まで試飲できます。最初はキリンの主力銘柄の「一番搾り」をいただき、そのあとはあまり飲まない黒ビールをいただきました。合間には、翌日2月23日に発売される「濃い味 糖質0」も少しいただきました。糖質0は体には良さそうですが、やはり飲みなれた一番搾りのほうが好みですね。
Dscf0676

工場見学中は写真ビデオ撮影禁止なので、ぜひ実際に行ってみてください。

帰り際にEF210の貨物列車が通って行くのが見えました。
Dscf0679

横浜工場の西側には高島貨物線が通っています。もちろん敷地内となってしまうので撮影はできませんが、鶴見から高島へ向かう列車は順光で撮影できるので、ここで貨物列車を撮影できたらな~と思ってしまいました。

| | コメント (2)

2010年10月13日 (水)

航空自衛隊浜松広報館“エアパーク”

北陸3県をドライブして、翌日は太平洋側を走って帰るのですが、途中浜松に寄り道です。前から一度行ってみたかった、航空自衛隊の浜松広報館“エアパーク”に行ってみます。

正面駐車場にあるF-86Fブルーインパルス。Dsc_2067

そのほか、まずは屋外展示から見学をはじめます。

Dsc_2018
C-46D 飛行点検隊仕様だそうです。YS-11FCの先輩ということになりますか。

Dsc_2019
H-21B

Dsc_2066
F-104J

館内には、航空自衛隊が使用する現役の航空機の模型が展示されています。
Dsc_2024

Dsc_2025

そして実機を展示する格納庫へ。どこから見ようか迷うぐらいに展示機が充実しています。
Dsc_2026

Dsc_2036
F-86D

Dsc_2037
F-104J

Dsc_2038
T-2ブルーインパルス

Dsc_2049
F-86Fブルーインパルス
ブルーインパルス50周年ということで、写真パネルなどが展示されていました。型は古くても、ブルーインパルスは大人気で記念写真を撮る人たちが大勢いました。

Dsc_2045_2
MU-2S
現在U-125Aが担当している救難探索機の先代。

Dsc_2046
T-1A

Dsc_2047
T-33A
私など、最近航空自衛隊の航空機を知るようになった者にとっては、どれも写真でしか見たことのない過去の機体を見ることができる充実した展示内容でした。

連休中ということで、滑走路側のエプロンでは消防車など特殊車両の展示もありました。Dsc_2050

このほか、シミュレーターやシアターなどもありましたが、混雑で見ることができず今回はパスしました。これだけの内容なのに、航空自衛隊の広報施設ということで無料で見られるのはうれしいことですが、今年話題になった「事業仕訳」の一環として、11月から入場料徴収の実験がおこなわれるそうです。

私としては、これだけそろっているのだからいくらかの料金を払ってでも入館したいと思いますが、一方で、無料だから来てみたという人も多いでしょう。広報施設だけあって、航空自衛隊関係者は悩ましい問題かと思います。

無料にしろ有料にしろ、これだけの博物館ですから、また改めて訪れてじっくり見学してみたいと思います。

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

石川県立航空プラザ

「トワイライトエクスプレス」を撮影する前に、小松空港付近を走らせていたら「航空プラザ」という案内看板を見つけました。調べてみたら、日本海側唯一の航空博物館だそうで、トワイライトを撮影した後に行ってみました。

まず目についたのは屋外展示されている海上自衛隊で使われていた哨戒ヘリコプターHSS-2B。
Dsc_1995
HSS-2B

屋外展示のHSS-2Bを撮影してから館内へ。県立の施設だからか、入館料は無料です。

まあ、無料だから展示内容もそれなりかと思っていたら、意外と実物の保存機が多くて見応えがあります。

先代でもやっぱり人気のブルーインパルス。Dsc_1997
T-2ブルーインパルス

Dsc_1998
T-3 航空自衛隊の初等練習機。後継はT-7が引き継いでいる。

Dsc_2000
KM-2 こちらは海上自衛隊の初等練習機。

Dsc_2002
F-104J 上に展示されているのは「超軽量動力飛行機(ULP = ウルトラ・ライト・エアプレーン)つばさW-1-1」というレジャー用飛行機だそうです。

Dsc_2003
T-33A 航空自衛隊のジェット練習機。現在のジェット練習機はT-4に引き継がれている。

Dsc_2007
Dsc_2008
歴代の小松基地航空祭のポスターが展示されています。上の写真一番左が昭和60年のもの。カラースモークのT-2ブルーインパルスとF-4のデザインが時代を感じさせます。その隣は昭和63年で、以降は全てF-15がポスターになっています。

一通り見学を終えましたが、せっかく空港の近くにいるので現役の航空機も見てみたいと思い、調べてみると羽田行きJAL便の出発時刻が近いので滑走路端に行ってみました。

使用滑走路はランウェイ06。滑走路より少し高い位置から見下ろすことができるのでスポットを離れてタキシングする様子が見えます。やがて滑走路に進入し離陸。Dsc_2014
ちょっと遠いですが、まるでこちらに向かって来るよう。

Dsc_2017_2
滑走路端ではかなり高い位置まで上がっていました。

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

陸上自衛隊広報センター

埼玉県にある陸上自衛隊朝霞駐屯地の一角に、「陸上自衛隊広報センター」があります。ここはいわば、陸上自衛隊の博物館であり資料館と言える施設です。先日は近くを通りかかったので、ちょっと立ち寄ってみました。

公共の施設なので、入場料は無料、手続きをすることなく自由に入退場できます。館内は資料展示もありますが、見ごたえがあるのは実際に使われていたヘリコプターや戦車の実機です。
Dsc_1304
AH-1ヘリコプター

Dsc_1305
戦車は全く詳しくないので説明は省略…。

屋外展示場には戦車がずらりと。
Dsc_1306

Dsc_1307
左の装甲車は水陸両用車で、車体後部にはスクリューがついていました。

Dsc_1309
PKOに派遣された車両もあり、日の丸国旗が掲出されています。

Dsc_1310
装備品の体験コーナーでは、重さ12キロもある防弾チョッキがありましたが、かなり重いです。着るだけで肩がこりそう。

迷彩服を着て館内で記念写真を撮れたりもして、小さいお子さん連れでも楽しめます。

館内にはミュージアムショップもあり、自衛隊グッズが置いてあります。陸上だけでなく、航空自衛隊のものもあり、ついついブルーインパルスのグッズに目がいってしまいました。

アクセス:東武東上線和光市駅から徒歩15分。車なら国道254号線沿い、駐車場有。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

| | コメント (0)

2009年6月30日 (火)

成田の航空科学博物館

さくらの丘公園での撮影のあと、近くの航空科学博物館に行ってみました。屋外にはYS-11の試作第一号機が展示されていますが、あいにく整備のため足場が組まれて見学できませんでした。中に入るとボーイング747‐400の1/8模型が出迎えてくれます。本物同様にフラップやランディングギアなどが可動します。
Dsc_0638


屋内展示も十分見ごたえありますが、成田空港の滑走路に隣接した博物館ということで、成田空港に離着陸する本物の航空機を間近に見られるのがここの楽しみでもあります。
Dsc_0647
このように空港に駐機する飛行機を見渡せます。

博物館3階の展望デッキから。
Ja80713
Ja80718
JA8071  B747-400(2枚とも)

このあと展望レストランで昼食です。もちろん外の景色は成田空港の航空機。飛行機好きなら、さくらの丘公園とあわせて丸一日いても飽きることはないでしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

| | コメント (2)

2008年4月30日 (水)

大日影トンネル遊歩道

 山梨県甲州市に、明治時代に建設された中央本線の「大日影トンネル」があります。このトンネルは平成9年まで使われていましたが、線路変更による新しいトンネル開通によって廃線となりました。その後、遊歩道として整備され昨年オープンしました。今日はこのトンネルについて。

 トンネルは甲斐大和~勝沼ぶどう郷間にありました。東京側を入り口とすると、出口は勝沼ぶどう郷駅の近くにあり、アクセスも簡単です。私は車で行ったので、駐車場のある東京側から入ってみました。
Img_1883
この鉄橋を渡ると大日影トンネルに入ります。この反対側にもトンネルがあり、こちらはワイン貯蔵庫として利用されています。
Img_1885
トンネル内は全区間に渡って線路が敷かれています。中はキロポスト(距離票)や勾配票などがそのまま残されており、現役当時の様子を伺うことができます。明治から平成9年まで使用ということは、蒸気機関車の時代からE351系「スーパーあずさ」までここを通り抜けたんですね。
Img_1886
トンネルの全長は1367m。徒歩だと約30分くらいかかるそうです。この先、トンネルを抜けるつもりであるいていましたが、トンネルの向こうからなにやらヘッドライトが近づいてきます。しばらくしてやってきたのは保線用の簡易モーターカーでした。 閉鎖時間になったので、早めにトンネルを抜けるか引き返してくださいとのこと。トンネルを抜けても車まで戻らなければならないので、今日はこのまま引き返すことにしました。

また日を改めて、全区間歩きとおすことにしましょう。

営業時間は9:00~15:00 料金は無料です。

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (1)

2008年4月 9日 (水)

勝どき橋の橋脚内を見学

勝どき橋(勝鬨橋)をご存知ですか?昭和15年に完成した、東京都中央区の築地と月島を結ぶ隅田川最下流にかかる橋で、橋の中央部がハの字に開く可動橋でしたが、昭和45年の開橋を最後に開かずの橋となっています。 かつては東京都電も、この橋を渡っていました。
Img_1994
橋の開く様子と都電が橋を渡るシーンは模型で再現されていました

今は開かずの橋となったこの勝どき橋、はがきによる事前申し込みで、この勝どき橋の橋脚内部に入って、可動部の見学をすることができるのです。今日はこの見学ツアーに参加したというのがテーマ。

橋の築地側にある「かちどき橋の資料館」で受付をすると、ヘルメットとハーネス(安全帯)を着用します。なかなか本格的です。説明のビデオを見たあと、橋脚へと向かいました。

まずは階段を上って運転室へ。橋を見渡せる高い位置にあり、ここでハンドルを操作して橋をあげていたそうです。配線むき出しの電気系統が時代を感じさせます。次に橋の内部へ。高さ3.5メートルの垂直のハシゴを降りなくてはならず、ここでハーネスを使用しますこれくらいなら私ならハーネスなどなくてもよさそうでしたが、万一の安全確保のためにしっかりとつないでもらいます。
Img_1998
↑正面の建物2階が運転室 左に見える階段を上ります
Img_2000
年代モノの運転台 

ハシゴから、さらに狭い階段を下りるとそこには広い空間があり、モーターや歯車が見えてきました。これらの設備は、最近の調査で整備さえすれば今でも十分に使っていけるそうで、昭和初期の技術力の高さに感心してしまいます。
Img_2006
画面左の大きな丸いのが可動部の軸で、ここを中心に橋が動きます

見学ツアーは毎週木曜日のみなので平日が仕事の方は行きにくいかもしれませんが、百聞は一見に如かず、普段見られない場所を見学できるということで、出かけてみてはいかがでしょうか?

申し込み方法など、詳しくはこちらからどうぞ(「かちどき橋の資料館」のツアー詳細ページへリンクしています)

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへ

| | コメント (4)

2007年10月 6日 (土)

江戸東京たてもの園

 10月になってだいぶ過ごしやすくなりました。外に出歩くのにもちょうどいい季節です。

 で、行ってきたのが東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」。江戸時代から昭和初期の建造物を移築して展示している公園型の博物館です。

2007092315450002 昭和30年代の下町を再現した東エリアに行くと、ベーゴマや竹馬、そして名前はわからないけれど、ゴムタイヤをはずした自転車の車輪を、棒で押して転がす遊びなどでとてもにぎわっています。周りの建物の雰囲気とあわせて、まるでタイムスリップをしたみたい。まさに「3丁目の夕日」の世界です。

 ほかに、都電やボンネットバスがあり、ボンネットバスは日によって園内を走っています。古い建物が好きだったり、昔のことに興味がある人にはぜひおすすめ。

アクセス:中央線武蔵小金井駅・東小金井駅・西武新宿線花小金井駅からバスで5~6分。

| | コメント (0)

2006年9月16日 (土)

気動車運転体験・・・関東鉄道水海道車両基地

 本物の列車を運転してみたい、鉄道好きなら誰もが思うでしょう。最近、この夢を実現させてくれる「運転体験」を実施している鉄道会社が増えてきました。茨城県の関東鉄道では、毎月月初めの日曜日に定期的に実施しています。
 料金は昼食つきで5000円。ブレーキ方式の異なる新型と旧型の車両をそれぞれ運転することができます。私も9月に体験しており、こちらにレポートがありますのでよろしければごらんください。

関東鉄道気動車体験運転の詳細と申し込みはこちらから。今後は11月5日と12月10日に予定しているそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧